岡山県内神社巡り(メイン)

片っぱしらからの神社巡り

神社廻り-塩飽諸島・本島

ちょっと目先を変えて塩飽諸島の本島へ、大昔小学校の臨海学校で一度行った記憶が?、はっきりしないが通常は渋川の臨海学校のはずだが一度だけ、経緯は分からないが渋川が利用できない訳があったのか?
昔のことは全く思い出さないが本当に久しぶり児島から本島へ、今回児島観光港9時30分、朝の渋滞の程度が分からないので早めに家を出て、21号で、これまでも行き帰り『R2号から新の21号』か『旧の21号』かいつも悩むが、今回も旧21号で、R2号が混んでいる印象が強いのでこうしたが、間違いだったか?
早めに到着したが無事に本島に向けて出港、しかし帰りの便は16時45分、途中には便無し、瀬戸大橋の観光船の利用が多いのか?
30分弱で泊港へ、ここにレンタサイクルがあり、瀬戸内国際芸術祭の関係か結構な台数が置かれているが通常は暇そう、電動アシストの自転車もあるが運動も考慮して普通の五段変速の自転車に、
何も考えずに港の道を北東へ進んで行くと前方に『天理教本島大教会』の大きな建物が、更に進んで行くと『本島小学校』の先左手に鳥居、右折して進むと左手に『惣光寺』-廃寺?、突き当りに
八幡神社
03034_八幡神社page
鎮座地:香川県丸亀市本島町笠島1034
由緒:天平十四年(起源一四〇二)の創建といふ。社伝によれば、神功皇后征韓の御途次軍兵を従へて當宮島の原に御駐蹕あらせられたり。ここを以て土人附近の山を宮の山と称し、濱を宮の濱と呼ぶ。天平十四年三月十五日、豊前国宇佐八幡宮を勧請せりと云ふ。其の後天元三年本殿の再建ありて四百余年を経、正平二十四年再営、天文四年塩飽島の代官福田又次郎の後見村上六左衛檀主となり再建、慶長十三年本殿修営、寛文十三年内殿再建、元禄五年本殿再営、寛永三年随神門建立、宝暦三年幣殿、拝殿再建、元治二年本殿御屋根替、文化九年拝殿再営あり。ふるくより塩飽全島の産土神にして、玉藻集に「宮之濱八幡宮・・・・・・境内東西十二間南北十三間」とあり。
明治十年九月二十一日神饌幣帛料供進神社に指定せらる。(香川県神社誌)
御祭神:仲哀天皇、神功皇后、応神天皇

引き返し更に進んで行くと左手に『史跡塩飽勤番所』、前方Y字路を直進し、墓地の先を右折して進んで行くと前方に鳥居、手前に自転車停め歩いて奥へ
塩竃神社
03044_塩竃神社page
鎮座地:香川県丸亀市本島町甲生字鶴ヶ浦275
由緒;本島村郷社八幡神社境外末社。(香川県神社誌)
御祭神:塩土神、綿積神

坂道を下った右手に石柱と階段、登って行くと
山王神社
763-0222_山王神社page
鎮座地:香川県丸亀市本島町甲生
由緒:本島村郷社八幡神社境外末社。(香川県神社誌)
御祭神:大山祇神、豊玉彦神

海沿いに進んで行くと左手奥に『東光寺』更に進んだ左手に
徳玉神社
03036_徳玉神社page
鎮座地:香川県丸亀市本島町甲生185
由緒:嘉永の昔源平二氏屋島に戦ひし時、平家の残党逃れ来たりて此の地を永住の所と定め、安徳天皇を奉齋せりと傳ふ。宝性寺保存の棟札によれば、文政十一年七月宮本清三郎、丸谷五左衛門、岡崎清左衛門檀主となりて再建のことあり。甲生浦一圓の産土にして、玉藻集に「氏神徳大明神 別當大仙寺」と見ゆ。(玉藻集、仲多度郡史)境内社として道祖神社(猿田彦大神)戎神社(事代主、蛭子神)(香川県神社誌)
御祭神:安徳天皇

神社左手を北へ進んで行くと257号(島一周道路)右折して進んだ先集落の外れに公衆トイレとその奥に祠
不明祠
763-0221_不明祠page
鎮座地:香川県丸亀市本島町笠島
由緒、御祭神共に不明

海沿いに進んで行くと笠島漁港へ、左手民家の間の狭い道を進むと右手に
尾上神社
03041_尾上神社page
鎮座地:香川県丸亀市本島町笠島388
由緒:本島村郷社八幡神社境外末社。仲多度郡史に「此の神は・・・笠島浦一圓の産土神とす。同浦の古記に「前殿貞享二年乙丑十一月再建す。此再興八百八十年目」とあれば延暦年代の鎮座なるが如し」とあり。玉藻集に「氏社尾上大明神 別當長徳寺」と見ゆ。正徳二年本殿の修築あり。大正五年幣殿、拝殿を再建す。明治二十四年豊日神社を合祀、大正八年大土神社を合祀す。(香川県神社誌)
境内に豊臣神社と荒神社
御祭神:日本武尊、倭比賣命
神社の左側に『遠見山展望台15分』の標識があったが、かなり急峻な九十九折り?先は長いので諦める

先に進んで行くと大浦に行けるがレンタルショップの人が北回りと南回りはアップダウンが激しく避けた方が善いと言ったので、集落の中を南へ進み、その先みちなりに南西に進んで行くと『山根文化センター』、ここで尋ねると前方の道を登って行った左手に
庭日神社
03043_庭日神社page
鎮座地:香川県丸亀市本島町笠島553
由緒:本島村郷社八幡神社境外末社。(香川県神社誌)
御祭神:奥津比古神、奥津比賣神

先へ進み257号を進んで行くと前方海岸出る手前右手に
木烏神社
03035_木烏神社page
鎮座地:香川県丸亀市本島町泊670
由緒:泊地区一円の産土神で、祭神は大国主命外二柱の神を祭っている。一説に、昔、日本武尊が瀬戸内海を巡幸の際、濃霧のため迷っておられたところ一羽の烏があらわれて、水先案内を勤めた後、泊の島に飛び帰ったので、ここに祠を建てて祭ったのがこの神社であると伝える。(境内案内板)
讃留霊王封を當国にうけ、船に乗りて邦内海岸を御巡行の時風濤に遇ひ給ふ。時に小烏ありて王の船を導き泊浦に非難し給へり。依て泊浦に祠を立てて之を祀り小烏大明神と云ふと伝へり。(香川県神社誌)
御祭神:大国主神、大押立神、少彦名神

海沿いに小阪方面に進んだ右手
戎神社
763-0223_戎神社page
鎮座地:香川県丸亀市本島町泊
由緒、御祭神共に不明

更に進んで行った左手、スピーカーの付いた塔の下
戎神社(西宮神社)
763-0224_戎神社(西宮神社)page
鎮座地:香川県丸亀市本島町小阪
由緒、御祭神共に不明

更に257号を進んで行った右手、少し入った奥に
不明神社
763-0224_不明神社page
鎮座地:香川県丸亀市本島町小阪
由緒、御祭神共に不明
後で気付いたが『龍宮神社』はもう少し南へ進んだ左手海側に(海鮮亭の斜め前)

一本内側の道を北方向へ進むと左手に
大山神社
03042_大山神社page
鎮座地:香川県丸亀市本島町小阪1294
由緒:本島村郷社八幡神社境外末社。昔石工棟梁に九郎兵衛なる者あり。大阪石山城不審の節石材方を命ぜられ、笠島浦釜の峰の大岩を採掘せしに、岩に小坂浦山之神大明神と刻しありしかば、遂に手を下さずして止む。後九郎兵衛その石を祀り、神祇官領家に出願し、塩飽島の内小坂浦山神大明神と神明帳に登載を得て社殿を建立せりと云う。神祇官許可書今猶在り。明治十九年5月、今の地に遷座し小坂浦の氏神として奉崇す。(仲多度郡史)(香川県神社誌)
御祭神:大山祇神

先に進み前方左折して北側の海岸を目指して進む、1/3辺りが峠であり、左手に不動堂が、少し先の反対側に石柱が石段、かなり先が在りそうだが今回は登って行かない、更に下って行って『持寶寺』への参道の少し先の左手入った処に
地神社
763-0228_地神社page
鎮座地:香川県丸亀市本島町大浦
由緒、御祭神共に不明

道が左にカーブしている処を直進して細い道を進み右手進んだ先の左手
四社神社
03038_四社神社page
鎮座地:香川県丸亀市本島町大浦188
由緒:嘉永五年八月遍照院良圓別當なりて再建せりと云ふ。玉藻集に「氏宮大明神・・・・・別當遍照院」とあり。大浦一圓の産土神なり。(香川県神社誌)
御祭神:伊耶那岐命、伊耶那美命、市寸島姫命、武甕槌命

広い道(257号)を西方向へ進んだ右手に
不明神社(お堂)
763-0227_不明神社(お堂)page
鎮座地:香川県丸亀市本島町福田
由緒、御祭神共に不明

更に進むと海岸に、左折した直ぐの左手
三社神社
03037_三社神社page
鎮座地:香川県丸亀市本島町福田464
由緒:文化元年再建あり。明治二十五年春幣殿、拝殿を再築せり。玉藻集に「福田浦 大明神 境内東西十二間南北十五間」とありて福田の産土神たり。(玉藻集 仲多度郡史)(香川県神社誌)
御祭神:天照皇大神、大国主神、事代主神 

257号を更に進んで行って次の集落に入って直ぐの道を左折して進んで行くと長命寺の御堂、その先に矢坂神社(遷座)を過ぎて進み地蔵仏の手前の道は入って行くと前方に廃屋、左手に進んで行った先-倒れた竹に阻まれと通行大変
八坂神社
03039_八坂神社page
鎮座地:香川県丸亀市本島町尻浜246-1
由緒:元禄七年本社再建、元文二年再営の棟札あり。尻浜部落の産土神にして、玉藻集に「氏社牛頭天王・・・・別當長命寺」と見ゆ。(玉藻集・仲多度郡史)(香川県神社誌)
御祭神:須佐之男神、稲田姫神
場所はたまたま出会った人に、教えられなければ先ず分からない

257号を更に進んで行くと左手に鳥居が
三所神社
03040_三所神社page
鎮座地:香川県丸亀市本島町生ノ浜635
由緒、御祭神共に不明
橘貫五郎の彫刻と見られる奥殿の彫刻は島内一と言われている。-出会った人の受け売り

更に進んだ夫婦倉の前
不明祠(夫婦倉)
763-0225_不明祠(夫婦倉)page
鎮座地:香川県丸亀市本島町生ノ浜
由緒、御祭神共に不明

最初のレンタル屋、そして先程の人教えられたように前方に進むとアップダウンで大変らしい、全く元の道を引き返すことに-機関車先生ロケ地によって-来る時と違って今度は勾配は少ないのだがシンドイ、のんびりと自転車を押して帰ることに!
『木烏神社』まで引き返し海沿いに進んだ途中の左手に
不明祠
763-0223_不明祠page
鎮座地:香川県丸亀市本島町泊
由緒、御祭神共に不明

やはり二時間ほど時間が余る、丸亀からはフェリーが就航されており車でも可能だが、岡山側からはせいぜい自転車を乗せる程度、便数も朝夕二便程度、以前北木島を真夏に自転車で回った時は気にならなかったが今回は足がガクガク、やはり年か?、よく廻るべき神社を忘れることが多いので再度、チェックすると一社忘れている。257号を笠島方向へ進み、手前の『新在家』集落へ、最初に立ち寄った海岸べりのトイレの処の道を内側に進んで行くとスピーカーのある塔の前に
蛭子神社
763-0221_蛭子神社page
鎮座地:香川県丸亀市本島町笠島
由緒:不明
御祭神:事代主神

やはり時間が残るので『天理教本島大教会』に立ち寄る、
天理教本島大教会:香川県丸亀市本島町泊268
天理教本島大教会page

本でも読みながら時間をつぶし16時45分の便で、児島からの帰りもどう通って帰ろうか悩み、考えがふらつき時間がかかった。

神社廻り-R2号から福山

最近あまり遠出をしてないので、R2号を通って正規のルートで福山へ?
県境を越えて直ぐ、左手GSの手前を左折し進むと『森田薬品工業(株)』の構内へ、直進する坂道は狭く不安だったので、GSの南側へ車を停め歩いて前方左手の方向へ-下の会社の駐車場か?結構車が停めてあり、強引に進むべきだった!、会社の裏側に沿って山道があり神社へ
谷尾神社
721-0923_谷尾神社page
鎮座地:広島県福山市大門町野々浜1118
由緒、御祭神共に不明

更に進み、池を過ぎた先の信号、右折できないので左折し、直ぐの処へ車を停め、歩いて横断歩道を渡り、更に線路を越えて進んだ先に、石段と鳥居
賀茂神社
721-0923_賀茂神社page
鎮座地:広島県福山市大門町野々浜
由緒、御祭神共に不明

Googleの衛星写真を見ると『賀茂神社』の奥に『蓮瑞寺』があり北東方向にある神社へ行ける感じだったが、北側へは進める感じではないので、一旦石段を下りて近くにいた作業中の人に尋ねると、「お寺から右手に進めば行ける」とのこと、信じて坂道を登ってお寺に行くが鍵が掛かってダメので、すぐ下の民家の人に尋ねると「下の道を進み、竹林の向こう側に道がある」との事、竹林を東側から廻り込むともう一つ東の民家の裏側へ、山道に沿って進むと
北荒神社
721-0923_北荒神社page
鎮座地:広島県福山市大門町野々浜582
由緒、御祭神共に不明
お寺に鍵が掛かって無かったら簡単に行けたが、非常に時間を取られる。

南へ進み、前方を右手に(間違えて直進-行止り)『大門東第1公園』横を左手に進んで行った右手
鎮守神社
721-0926_鎮守神社page
鎮座地:広島県福山市大門町8丁目16
由緒、御祭神共に不明
二度と通りたくない道、進んで行った先、池の側に『地神碑』

進んで行くと広い道に、南西に進み、交差点(『大門町3丁目東』信号)の先の右手-道幅があるので路肩へ停めて
厳島神社
721-0926_厳島神社page
鎮座地:広島県福山市大門町4丁目21
由緒、御祭神共に不明
東側の北に石段と車参道(車止め)、南側が参道(横に駐車スペース)

先程の交点に引き返し西へ進んだ突き当りの左手、道は広いが駐車場所考え、手前の信号の北東にある7&11で休憩後歩いて-車参道と駐車場はあるが入り口に車止め
春日神社
721-0926_春日神社page
鎮座地:広島県福山市大門町4丁目12
由緒、御祭神共に不明

手前の信号を北へ進むとR2号と大門駅、手前を左折して進む予定だったが行き過ぎてR2号へ、左手丘の団地の西端だがR2号から入口が分からない-交通量の多い道で探しながら走るのは難しい-結局R2号を進みグルっと回った先、新幹線の高架を潜った先を左折して当初の団地へ道を探そうとするが、方向感覚も無くなりあきらめ、西側の広い道から歩いて行くことに、R2号から広い道を進んで行くと左にカーブして坂道を上がった先を左折して進み、右手に入る太めの2本目の道を入った突き当りの細い山道を進んで行くと
荒神社
721-0927_荒神社page
鎮座地:広島県福山市大門町津之下
由緒、御祭神共に不明
艮神社と一緒に祭らているよう、このルートの方がわかりやすいが、今回あまりにも時間を取られ過ぎた。

R2号へ引き返し、右折して大門(岡山・笠岡)方面へ、『大門津之下』信号を左折してガードをくぐった右手に鳥居、前に車を停め-少し先に車参道が
大門八幡神社
721-0921_大門八幡神社page
鎮座地:広島県福山市大門町大門
由緒、御祭神共に不明

更に進んだ左手石段の上
惣堂神社
721-0921_惣堂神社page
鎮座地:広島県福山市大門町大門
由緒、御祭神共に不明

先へ進み、右手に広い駐車帯がある処の手前を左折して『真明寺』を目指すが無理、狭い道を無理して進み左折して進むと『上之坊』、ここに車を停め、西側の墓地の間を通り山道を進んで行くと
荒神社(+上之坊)
721-0921_荒神社(+上之坊)page
鎮座地:広島県福山市大門町大門
由緒、御祭神共に不明

『上之坊』横の道を北へ進と正面に-車で行った方が楽
大仙神社
721-0921_大仙神社page
鎮座地:広島県福山市大門町大門
由緒、御祭神共に不明

引き返し、お寺の手前を左折して進んだ左手-整備されて無いが駐車可
草延天神社
721-0921_草延天神社page
鎮座地:広島県福山市大門町大門
由緒、御祭神共に不明
大した距離ではないので歩いた方が駐車を気にせずに-『上之坊』前に

引き返して、R2号を西へ進み、『伊勢丘入口』信号を左折して進み、前方消防署前の信号を左折、三本目の道を右折、直ぐ左折、右折した突き当り、フェンスに囲まれ、南側が入口に
太輪山神社
721-0915_太輪山神社page
鎮座地:広島県福山市伊勢丘1丁目1
由緒、御祭神共に不明

先程の道へ引き返し、西へ進み『引屋町高屋』信号を左折して進み『コム・クリニック佐藤』手前を右折した右手-手前東側に駐車場
引野天神社
721-0942_引野天神社page
鎮座地:広島県福山市引野町北三丁目24番13号
由緒、御祭神共に不明

先に進んで行き、前方Y字路手前に車を停め、右手に道を進み民家の裏を右折した右手
龍石神社
721-0942_龍石神社page
鎮座地:広島県福山市引野町2丁目34
由緒、御祭神共に不明

先程のY字路の左手を進むと広い道とその左手に信号があり、交通量が多く出にくいが、左折、直ぐ右折して進み、前方Y字路を右手に進み、前方広い道を越えた先の左手に
土肥神社
721-0941_土肥神社page
鎮座地:広島県福山市引野町北1丁目1
由緒、御祭神共に不明

そして手前を右折して進んだ左手-歩いて行ったが『蔵王病院』の側
沼田稲荷神社
721-0973_沼田稲荷神社page
鎮座地:広島県福山市南蔵王町6丁目23
由緒、御祭神共に不明

西へ進み、突き当りを右折して次を左折して橋を渡ると182号、右折して北へ進み、『蔵王南』信号を左折して進み、『宮ノ橋』信号の先の左手、手前の路肩へ車を停め左手川沿いに進んで行くと石段と鳥居と地神碑
深津八幡神社
721-0974_深津八幡神社page
鎮座地:広島県福山市東深津町7丁目9−8
由緒、御祭神共に不明
境内の西側に
石鎚神社
721-0974_石鎚神社page
鎮座地:広島県福山市東深津町1丁目19−13
由緒、御祭神共に不明

先に進み、トンネル手前に車を停め、左手の坂道を登り、南側を
東荒神社
721-0974_東荒神社page
鎮座地:広島県福山市東深津町7丁目12
由緒、御祭神共に不明

トンネルを抜けた先4本目の道(福山暁の星学院の案内)を右折して進み小さな川附近に車を停め歩いて北側を(坂道を登って行き、広い道の手前を左折して進んだ右手)
蔀山稲生神社
721-0975_蔀山稲生神社page
鎮座地:広島県福山市西深津町4丁目1
由緒、御祭神共に不明
足利義昭が鞆にいたことは良く知られているが、方々にあったとは?

元の道まで引き返し西へ進み、R313号を横切って進み、前方『胡町中央』の信号を右折して進んだ正面に『惣門番所』、手前に車を停めて-交通量が多く少し邪魔か?-手前の建物の前にえびす様と祠が
惣門番所前胡様
720-0055_惣門番所前胡様page
鎮座地:広島県福山市胡町
由緒、御祭神共に不明

前方、左折して川沿いに進んだ二本目の道を左折した先
菅原神社・稲荷神社
720-0056_菅原神社・稲荷神社page
鎮座地:広島県福山市本町10-12
由緒、御祭神共に不明

この道を北へ進み、川に突き当たった先は『ダイキ』等の駐車場、ここに車を停め川沿いに西へ進むと左手に
清瀧稲荷神社
720-0072_清瀧稲荷神社page
鎮座地:広島県福山市吉津町4
由緒、御祭神共に不明

西へ進んだ突き当りの右手
渡邊神社
720-0073_渡邊神社page
鎮座地:広島県福山市北吉津町2丁目4
由緒、御祭神共に不明

引き返し、川沿いに東へ進んで行った左手奥-民家の後
稲荷神社
720-0073_稲荷神社page
鎮座地:広島県福山市北吉津町4丁目2
由緒、御祭神共に不明

南へ引き返し、前方十字路を右折して進んで行くと右手に、手前の観音寺の駐車場に車を置いて西側の道を北へ、左折して進んで行くと-この道は途中まで車で、石段手前で分かれる(車で境内まで)
艮神社
720-0073_艮神社page
鎮座地:広島県福山市北吉津町1丁目5−24
由緒:当社は、平安時代、福山が藤原家の荘園として栄えていた当時(天永年間、西暦1110年頃) 須佐之男命を祀る「牛頭天王社(ごづてんのうしゃ)」として、今の福山市木之庄町に建立されており(牛頭とは須佐之男命の呼称)、建武元年(西暦1334年)、今の地に伊邪那岐命を併祀の上遷座、当時の集落の中心地、吉津、木之庄、本庄、奈良津、千田各郷一帯の産土神 「秋津洲神社(あきつしまじんじゃ)」と改称された旧福山最古の神社であります。降って、初代福山藩主 水野勝成公,福山城築城(元和5年、西暦1619年)に際しては、城郭の鬼門・艮(うしとら)の方位(北東)を鎮める守護神「秋津艮大明神(あきつうしとらだいみょうじん)]と称えられ、天和3年(西暦1683年)水野勝種公の緒社殿の寄進を始め、度々造営、修復がなされ、御社頭ますます賑盛を極め、明治以降は現在の御社名「艮神社」となり、北吉津町を始め38町、約5000戸の氏神、又広く福山地方一円の鬼門守護神、厄除神として崇敬されております。
御祭神:須佐之男命、伊邪那岐命

川沿いに道を西へ進んで行くと
福山八幡宮:広島県福山市北吉津町1丁目2−16

これから参詣という時にタブレットのバッテリー切れ、福山城を目前にしながら中断、2号線へ出て普通に帰宅-やはり高梁川手前と、岡山手前から渋滞-時間も遅くなると新たな発見は何もないので高速か?


神社廻り-市内小神社

台風はさほど問題なく通り過ぎた、女房の皇帝ダリアが被害?を受けたか?
天気は良いが台風直後はロクなことが無いので行きそびれている近場へちょっと?
242号で笹ヶ瀬川を渡りその先を右折、左折して61号へ、前方左折して旧61号を進む直ぐ左手
不明神社
x1780page
鎮座地:岡山市北区尾上549
由緒、御祭神共に不明

先へ進んで行った左手に
不明神社
x1781page
鎮座地:岡山市北区尾上
由緒、御祭神共に不明

先に進み、前方右折して新61号を進み、更に直進して吉備線、小さな川を渡った先、突き当りを右折して進み前方の左手の橋を渡り左折、その先を右折、前方の岡山西バイパス側道を左折して北へ、右へカーブして進んだ先のR180号の手前を右折して、山陽道を進んで行くと万成の峠付近、右手に石垣、その上に石碑
不明石碑(神仏混合)
x1782page
鎮座地:岡山市北区万成東町
由緒、御祭神共に不明

前方へ進みR180号へ、問題なく帰宅

ギャラリー
  • 神社廻り-福山北西方面
  • 神社廻り-福山北西方面
  • 神社廻り-福山北西方面
  • 神社廻り-福山北西方面
  • 神社廻り-福山北西方面
  • 神社廻り-福山北西方面
  • 神社廻り-福山北西方面
  • 神社廻り-福山北西方面
  • 神社廻り-福山北西方面