岡山県内神社巡り(メイン)

片っぱしらからの神社巡り

2016年02月

神社廻り-高梁西方向

どうも最近昔ほど出かける意欲が湧かない。寒いせいか、年のせいか、はたまた別の要因か?
少し寒いが天気は良さそうなので出かける事に、前回と同様高梁から、成羽、川上方面へ、R180号、R313号がメイン

R180号を左折してR313号へ、高梁川を渡り西へ進んで行き、前方成羽川を渡った先、右手『備中整形外科』の反対側を左折して川沿いに進んで行き、前方左手に『桂巖寺』、左折して進み、前方山裾附近に車を停め左手奥の神社を目指す-参道の入り口に社あり、右手の道で参詣も可能か?
天津神社(三代妙見宮)
12013page
鎮座地:高梁市成羽町下原402
由緒、御祭神共に不明

小さな川沿いまで引き返し、更に進んでR313号へ西へ進み、左手に赤い鳥居がある処を右折、次を左折した附近に車を停め、路地を北側へ進んだ処に、もう一本北側を左折した処が参道
山田神社(大神宮)
12057page
鎮座地:高梁市成羽町下原840
由緒:当社の、由緒は不明であるが、もとは個人が奉斎していたものを、神格が高かったために地域の神社としたようである。11月2日の宵祭りには備中神楽が奉納される。
御祭神:天照皇大神、大國主大神

引き返しR313号を横切り前方『本光寺』の西奥
最上位経天大菩薩(最上稲荷の分院)
x1197page
鎮座地:高梁市成羽町下原358
由緒、御祭神共に不明

前の道を山沿いに進み、成羽小学校先の小さな川の手前を右折して進む、2本目の道を右折して進んだ右手
荒神社
x1198page
鎮座地:高梁市成羽町星原
由緒、御祭神共に不明

東へ進んだ成羽小の西側のしょうぶ池側
稲荷神社(蓮池集会所)
x1199page
鎮座地:高梁市成羽町下原
由緒、御祭神共に不明

R313号を進んで行き33号との分岐の先を南へ進んで行き、左手坂道を左折して進んで行くと前方左手に坂道と山王社の標識、左折して進み前方を右折して進んで行くと左手奥に鳥居(狭い道で遠回り)
日吉神社
12017page
鎮座地:高梁市川上町臘数694
由緒、御祭神共に不明
前の道を下って行くと前方に道、右折して進みR313号へ戻る-このコースの方が近いがV字に坂道を登るのは難しい感じ、降って曲がるのも同様に難しい?

R313号を少し進み、前方右手の坂道を登り、最初の左手の道を登って行き、右手の墓地の前に車を停め歩いて参詣-『うずめ』の案内表示あり、ここの横手の山道を進んで行く(未舗装で前方にロープで通行止め)
杵築大社
x1200page
鎮座地:高梁市川上町領家
由緒、御祭神共に不明

R313号を進み、前方JAのガソリンスタンド手前を右折して進み、適当な場所に車を停め歩いて山の上にあると思われる神社の参道探すが分からず、たまたま出会った人に聞くと神社は40年ほど前に無くなったとの事、R313号を南へ進んだお寺の近くに移したとの事

R313号を南へ少し進んで行くと右手に『寶鏡寺』ここの前に車停め、お寺で出会った人に聞くと、「お寺の北側の道を登って行った民家の裏側の山裾に、R313号から登って行った直ぐ先にまず荒神社、更に登って行った民家の裏
片山荒神社
x1201page
鎮座地:高梁市川上町領家
由緒、御祭神共に不明
木野山神社
x1202page
鎮座地:高梁市川上町領家
由緒、御祭神共に不明

R313号を南へ進み、川上中の北側の道路西側に
杉荒神社
x1203page
鎮座地:高梁市川上町領家
由緒、御祭神共に不明

更に南へ進んだ右手(川上中の南側の道路西側)
惣社八幡神社
12014page
鎮座地:高梁市川上町領家2039
由緒、御祭神共に不明
南側の奥に
荒神社
x1204page
鎮座地:高梁市川上町領家
由緒、御祭神共に不明

更に南へ進み、『レストハウスポパイ』先の右奥
金刀比羅宮
x1205page
鎮座地:高梁市川上町領家
由緒、御祭神共に不明

R313号を外れ東側に進み、南側にある神社を目指すが、防護柵が在り行き難い、広めの処(内側へ入った広場)へ車を停め山際に在る墓地の裏側を目指す
荒神社
x1206page
鎮座地:高梁市川上町領家
由緒、御祭神共に不明
車を停めた広場の側に
不明祠
x1207page
鎮座地:高梁市川上町領家
由緒、御祭神共に不明

川沿いに進み、R313号を横切った直ぐ先に車を停め川向うの神社を目指す
牛王神社
x1208page
鎮座地:高梁市川上町地頭
由緒、御祭神共に不明

更に進んで行くと、『高田八幡宮』への車道入口の鳥居、更に進んで行くと前方に商店街、手前を右折して橋を渡り、次を左折して進んだ突き当り
藤ノ木荒神社
x1209page
鎮座地:高梁市川上町地頭
由緒、御祭神共に不明

先ほどの橋まで引き返し、進んで行くと前方にR313号の下のトンネル、潜って進むのが不安なので右折、左折してR313号へ、路肩へ車を停め歩いて先ほどの先へ、橋を渡り進んで行くと左手に-車でも可能だが歩いた方が無難
暮川荒神社
x1210page
鎮座地:高梁市川上町地頭
由緒、御祭神共に不明

ちょっとここで思案、R313号と77号どちらに進むかどちらを選んでも中途半端は仕方が無い、77号を進み途中枝分かれ参詣?
77号を南へ進んで行き北へ曲がる処を左折して297号を進んで行くと前方右手に『ふるさと街道』の広い道、ここに車を停め前方右手奥の神社へ-東側297号からの参道有-車不可
大谷八幡神社
12021page
鎮座地:高梁市川上町仁賀3184
由緒、御祭神共に不明

77号まで引き返し、77号を少し進み、前方左折して294号を進み、前方右手坂道を登って行き『大賀集会所』先へ車を停め右手奥の神社を目指す
石亀八幡宮
x1211page
鎮座地:高梁市川上町仁賀
由緒、御祭神共に不明
木製の鳥居が壊れたのか、残骸が見られ、新しい石柱が

左手に進み下って行くと294号へ、更に進んで行き『大賀の押被』、『沢柳の滝』を過ぎ更に進んで行き右手Uカーブした坂道473号を進んで行き、Y字路の左手上
下谷荒神社
x1212page
鎮座地:高梁市川上町上大竹
由緒、御祭神共に不明

元の処に戻り西側の山頂に見られる『由賀神社』への参道を探すがよく分からない、近辺に未参詣の神社は多いが本日はここまでに!、77号を引き返していくとR313号へ出る少し手前右手奥に-近くにいた人に尋ねると『荒神様』とのこと
荒神社
x1213page
鎮座地:高梁市川上町地頭
由緒、御祭神共に不明

通常のルートで帰るが、やはり17時かなり前でないと渋滞に巻き込まれるのか?

神社廻り-井原市芳井町方面

明日以降天気が悪くなりそう、首の調子と胃の調子が今一だが家にくすぶっての整理も少し飽いたので出かける事に!
暖かい日が続いているが、県北はまだ避け、井原市から高梁市の辺りを?、先日と同じように清音経由でR486号で一気に井原まで、右折してR313号で北へ、トンネルを過ぎて右に曲がって北へ進む左手に7&11が在る予定、ここでコーヒーと食糧、飲み物を揃え、今日のコースの検討をする予定だったが改装中かまだ開いてない。今日は一日食べ物が無い事に!(多分)
前方を直ぐに左折して進み、『十輪院』前の空地に車を停め、西側の坂道を登って行く
青龍神社
09141page
鎮座地:井原市芳井町簗瀬153
由緒、御祭神共に不明
立派な神社の割に鳥居が見られないと思ったが、壊れた鳥居らしき一部が

更に西へ進んで行くと、前方左手山際に鳥居が見えるのでT字路の処へ車を停め歩いて、随身門を潜った先にかなり急な石段があるが現在は通行止めになっており、右手に参道が新たに付けられている
三所神社
09139page
鎮座地:井原市芳井町簗瀬457
由緒、御祭神共に不明

R313を進み左折して直ぐ先の芳井図書館方向へ、みちなりに進んで行くと、小さな橋を渡った右手奥に
荒神社
x1186page
鎮座地:井原市芳井町吉井
由緒、御祭神共に不明

前回遠すぎたので参詣しなかったので、『大山神社』を今回は参詣することに、更に進んで行き、前方の広い道を右折して進んで行き、右手工場っぽい建物の中程を左折して進んで行き、前方右手の白いガードレールの道を進み集落の後の山の裏側を登って行く、一度大きくUカーブしてのぼって行くと前方に天神池と記念碑と祠、更に進んで行くと、前方右手ににUカーブした坂道、登って行くと前方左手に祠と広場、ここに車を停め、距離はありそうだが歩いて参詣-道幅は広く、分かりやすいので十分車で可能であるがやはり枯葉と枯木は車では少しシンドイか?
大山神社
09133page
鎮座地:井原市芳井町天神山586
由緒、御祭神共に不明
金曜日にもかかわらず意外と対向車に出会う、運がいい事に上手くかわせる場所が殆ど

先ほどの広い道まで同じ道を引き返し北東へ進んで行き9号へ、左折して進んで行き天神峡を過ぎた先、左手に104号、左折して進んで行くと『川相小学校』先に階段?登って行くと八幡神社、その横を更に登って行き小学校の裏山に稲荷神社-『中山城跡』
八幡神社
09134page
鎮座地:井原市芳井町川相1502
由緒、御祭神共に不明
正一位稲荷大明神
x1187page
鎮座地:井原市芳井町川相
由緒、御祭神共に不明

少し9号を引き返し、9号が東へカーブする手前を下り前方の橋を渡り前回の『荒神社』方向へ登って行き、前方右折して進んで行くと前方に『中村川砂防公園』、手前の道を左折して左手山側を登って行くと右手に『光福寺』の案内の石柱、その先に車を停め、少し手前にあった坂道を登って行き参道を探すが全く道からない、登り切った先に左手、ほぼ水平に引き返す感じで参道が、これまで来た道を登って行った先であった-車で行けない事は無いが落ち葉が多く多分無理

此処への参詣は失敗続き、帰りも真下(車を停めた近く)に降りる山道が見られたので降りて行くが二つ目の墓地でお終い、引き返し、広い道(本来登って行く車用の道)を下って行くが非常に大廻り、近道は見当たらず!
山神社
09147page
鎮座地:井原市芳井町井山1847
由緒、御祭神共に不明

車で行かなかった事を後悔しながら登って行くと前方に三叉路(感じとして左手に工事中の道?-9号と繋がるのか)を左手(直進)進むと左手に
山神社
x1188page
鎮座地:井原市芳井町井山
由緒、御祭神共に不明
岡山県神社庁の写真はこの神社だが、住所が違う

先へ進んで行くと直ぐ先にY字路左手を緩やかに登って、降って行くと前方五差路の手前右手入った処に(交差点附近に車を停め歩いて-車で可能)
八幡神社(中山八幡宮)
09151page
鎮座地:井原市芳井町井山698
由緒、御祭神共に不明

交差点から直ぐ右手の道を進み、前方の道を右方向へ進み、前方左手の坂道を登り進んで行き、U字カーブを繰り返して進んだ左手の山にコンクリートの坂道と中継塔、ここの西側、手前の家で一応尋ねる-地図上の位置より北側?
木野山神社
x1189page
鎮座地:井原市芳井町井山
由緒、御祭神共に不明

前の道を東へ進み、突き当りを右折して進んで行った少し先の左手
賀茂神社
x1190page
鎮座地:井原市芳井町池谷
由緒、御祭神共に不明

みちなりに進んで行くと前方で広目の道を跨いで進んだ先Y字路を右手に進んで行った右手
山神社
09144page
鎮座地:井原市芳井町片塚1771
由緒、御祭神共に不明

更に南へ進んで行くと、大きくUカーブして297号へ、北へ進んだ右手
片塚山神社
09146page
鎮座地:井原市芳井町片塚927
由緒、御祭神共に不明

297号を北へ進み、左T字路先、右手に『ごんぼう村』の看板の処を右折して進んで行くと前方交差点に六角堂と地神の石碑、ここに車停め北奥に見える神社を目指す
意加美神社
x1191page
鎮座地:井原市芳井町花滝
由緒、御祭神共に不明

前方『ごんぼう村』方向へ進んで行くと左手に
杵築神社
x1192page
鎮座地:井原市芳井町花滝
由緒、御祭神共に不明

神社前の道を曲がりくねりながらも下って行くとR313号へ、前方に神社、社務所前に車を停め参詣
山神社
09152page
鎮座地:井原市芳井町花滝2835
由緒、御祭神共に不明

R313号を更に北へ進んで行くと前方左手に神社、『峠茶屋芳花園』の先を左折し、路肩に車を停め参詣
荒神社
x1193page
鎮座地:井原市芳井町花滝
由緒、御祭神共に不明

R313号を北へ進んで行き、前方『美星』方向へ行く広域農道、交差点の北側に鳥居
不明神社
x1194page
鎮座地:井原市美星町黒忠
由緒、御祭神共に不明

広域農道を美星と反対方向へ進んで行くと坂道カーブの左手に
大向天王社
x1195page
鎮座地:井原市美星町黒忠
由緒、御祭神共に不明

R313号を北へ進んで行くと高梁市川上町へ、遅くなったがトンネルの上の神社は参詣を済ますつもりで、前方橋の手前を左折して進んで行くと左手に鳥居、近くにいた中学生に聞くと車では無理とのこと、路肩へ車を停め歩いて参詣-このルートではくるは無理、しかし西側から廻り込む車道があるがかなりな急勾配
高田八幡宮
12018page
鎮座地:高梁市川上町地頭1525
由緒、御祭神共に不明
八幡神社の階段手前の右手に
藤ノ木荒神社
x1196page
鎮座地:高梁市川上町地頭1525
由緒、御祭神共に不明

この付近に神社は多そうだが、今日は何も食べずに一日を過ごしているし、遅くなったので何かを食べながら前回と同じコースで帰宅

神社廻り-井原北東方面

雪等の心配をしなくていい南部を、井原市の東北部の山中を目指す。これまでと同様に清音の先で高梁川を渡り、R486号で井原方面へ、手前の小田から48号で北へ、前方左手に進み407号を登って行くと前方Vカーブの奥に神社が、路肩に車を停め
不明神社
x1171page
鎮座地:小田郡矢掛町小田
由緒、御祭神共に不明

更に407号をみちなりに進んで行くと前方に三叉路、右手に進み突き当りを右、直ぐに左へ進んで行くと坂道を下り科の途中右手に
荒神宮
x1172page
鎮座地:井原市美星町黒木
由緒、御祭神共に不明

坂道を登って引き返し、更に西へ進んで行くと407号へ、右折して直ぐの右手の坂道を登って行くと、ぐるっと回った先左手に-不安になり途中で車を停めたが神社前まで十分可能
明見神社
09060page
鎮座地:井原市美星町黒木105
由緒、御祭神共に不明

407号を進み前方Y字路を左手に(間違えて手前の坂道を登り引き返す)進み前方T字路の先の十字路を右折して進み(『食事処ささだに』の標識)同様に『ささだに』の処へ来るな停め、西側の道を登り右手を目指す
十二神社
x1173page
鎮座地:井原市野上町
由緒、御祭神共に不明

元の道へ引き返し南へ進んで行くと、前方左手に細めのV字になって進む山道、少し遠いが路肩に車を停め歩いて-最後以外はあまり急ではないが距離は結構ある、最初は狭く感じるが結構広いが落葉、枯木等車はやはり厄介か?
厄神社
x1174page
鎮座地:井原市野上町
由緒、御祭神共に不明

南へ少し下り前方Y字路の右手坂道を登り、前方の突き当たりを左折して進み、前方右手の道が細そうなので、直進して西側から廻り込む感じで進んで行くと右手に道、右折して進むと左手に
大山祇神社
09121page
鎮座地:井原市野上町1751
由緒:本神社は頂見山寺院の鎮守として、天平8年9月、釈行基が勧請したものである。当時は別当が奉仕していた。建久元年那須小太郎宗晴が社殿を再建。建長3年社殿再建。弘化4年氏子の協力で社殿を再建。明治11年4月、山王神社を大山祇神社と改称した。大正12年社殿を改築。昭和3年神饌幣帛料供進神社に指定された。
御祭神:大山祇命

右折した処まで引き返し、北方向へ進んで行くと右手に、南側と西側(未舗装)に参道、南側に車停め歩いて参詣-無難な選択
八幡神社
09119page
鎮座地:井原市野上町993
由緒、御祭神共に不明

神社前の道を北へ進んで行くと『腰折地蔵』の先で最初の407号へ、無理をせずに無難に407号を進み、前方に166号左折して166号を進んで行くと前方に『葡萄浪漫館』の表示、右折して進み、前方を右折、その先を右折して進むと左手に少し入った処に道祖渓の駐車場、少し進むと神社は見えるが参道なし、少し引き返し、『クロキ(株)』の前に車を停め、橋を渡って川沿いに登って行くと左手に
三神社
x1175page
鎮座地:井原市西江原町
由緒、御祭神共に不明
こんな処の会社にも稲荷神社が

先ほど右折した処まで引き返し、左折して西方向へ進んで行くと青野小北で291号へ、左折して進み小学校前に車を停め歩いて、学校の西側を目指す-火の見櫓と『寿二生活改善センター』前の道を登って行った先
産土荒神社
x1176page
鎮座地:井原市青野町2612
由緒、御祭神共に不明

291号を下って行き次の道を右折、直ぐ左折前方を右折して坂道を登ってみちなりに進んだ先に石碑、ここに車停め石碑横の参道を進む
七社神社
x1177page
鎮座地:井原市青野町
由緒、御祭神共に不明

291号まで引き返し、少し北へ行った直ぐ右手
不明神社
x1178page
鎮座地:井原市青野町
由緒、御祭神共に不明

ダブルようになるが291号を北へ戻り、前方の『仁井山』の標識に従い左折して進んで行き、坂を上がった水道施設の奥に
不明神社
x1179page
鎮座地:井原市青野町
由緒、御祭神共に不明

広めの道をみちなりに進んで行くと前方三叉路に『那須一族の墓』の標識、左折して登り、その先を左折して進んだ先に
穴尾八幡神社
09122page
鎮座地:井原市青野町1824
由緒、御祭神共に不明
麓に鳥居が見えるので車まで戻り、左手の細い道を下って行くが-道が細く、一部崩れた場所があり冷や冷や、歩いた方が簡単

引き返し、反対方向へ進んで行くと手前に祠とその先に墓石群
那須与一一族墓と祠
x1180page
鎮座地:井原市青野町
由緒、御祭神共に不明

みちなりに西方向へ進んで行くと前方立体交差の手前右奥に祠
不明神社
x1181page
鎮座地:井原市青野町
由緒、御祭神共に不明

前方の道路を潜り前方の突き当たりを右折してみちなりに進んで行き、突き当りを左折して進んで行くと、左手に狛犬、JAの集荷場に車を停め参詣
八幡神社
09124page
鎮座地:井原市稗原町1734
由緒、御祭神共に不明
 
少し北方向へ進み、広めの道を東へ、曲りくねりながらも進んで行くと前方で南北の広めの道へ、南へ進んで行くと『法輝寺』の案内、左手前の坂道を進んだ先
豊日神社
x1182page
鎮座地:井原市青野町
由緒、御祭神共に不明

先に進むと道が交差した場所へ、一番左手の道をV字に曲がってくだて行った左手に
荒神社
x1183page
鎮座地:井原市青野町
由緒、御祭神共に不明

東方向へ進み291号へ、少し進んだ直ぐ先を右折、次の三叉路を左折して進み、次のY字路を右手に登って行った右手に
不明神社
x1184page
鎮座地:井原市北山町
由緒、御祭神共に不明

更に進んで行った左手道下
不明神社
x1185page
鎮座地:井原市北山町
由緒、御祭神共に不明

更に進んで行くと、前方に交差点、南方向の坂道を登って行くとその先左手に
井森神社
09123page
鎮座地:井原市北山町522
由緒、御祭神共に不明

先ほどの交差点まで引き返し右折して東方向へ、進んで行くと前方に美容室『ひろこ』、前の坂道を登って行くと、登り切った辺りの右手奥に進む山道の先
木野山神社
x1186page
鎮座地:井原市北山町287
由緒、御祭神共に不明

先ほどの美容室まで引き返し右折して坂道を下って行くと166号へ、東へ進み、左手奥に『崇道神社』の鳥居を目指して進み、更にきた、南とカーブしながら進んで行くと左手に『醫王院』が、左折しそこなったので直進し大きく廻ってお寺前へ、此処へ車を停め、西側から参詣
吉備津神社
x1187page
鎮座地:井原市西江原町7784
由緒、御祭神共に不明

少し早い気はするが帰宅、やはり予想の三門の手前は混んでおり、R53号に廻るが同じ、西署方向へ向けて帰る方向で今後検討!

神社廻り-井原北方面

最近出かけずに過去の神社廻りを整理していることが多い。早めに整理しないと写真等行方が分からなくなった物も出てきている。
現時点では最上の方法は見当たらないが、現時点でやれることを早めにやっておこう、とは言ってもまだ二割強は神社が残っているので、出かける事に、県北、山中はやはり雪と氷結が不安なので、今回は井原の行き方面を!
R180号から270号で高梁川へR486号で井原方面へ、井原からR313号を右折して北方向へ進むことに

R313号を北へ進んで行き、トンネルを過ぎた直ぐ先を左折、U字に坂道を登って行き、前方に白い手すりの坂道がある処に車を停め神社方向を眺めながら参道を探していた時、運よく地元の人に、今日は最初から運がいい?、前方坂道を登っていると前方左手に参道が在るとのこと、道は分かりやすいが結構急勾配の参道、やはりしんどい!
杵簗神社
09142page
鎮座地:井原市芳井町簗瀬1456
由緒、御祭神共に不明
坂を登った前方は団地、右手をV字に曲がった辺りが車を停めやすいか!

R313号を進み、前方右折して橋を進み、再度橋の手前を左折して川沿いに進み、前方突き当りを左折、直ぐ先を右折して進んだ左手-Uターンし難いので手前に車を停めた方が楽
太歳神社
09138page
鎮座地:井原市芳井町梶江178
由緒、御祭神共に不明

元へ引き返し小田川の手前の信号を右折して進み、前方『芳井郵便局』先を右折して進んで行くと前方右手に-手間のゴミステーションの処に車を停め右手から廻り込む、先へ進んで神社前に十分駐車可能
亀山神社
09140page
鎮座地:井原市芳井町与井505、與井
由緒:本神社は口碑によると建久元年の頃、この地に池田某という者がいて、三台妙見宮を勧請したと伝えられている。その後、池田掃部介が延文5年に再建し、ついで天正2年5月池田武平が再建した。明治3年秋、亀山神社と改称した。
御祭神:天照大神、月夜見命

西方向へ進んで行き、左手を探していくと神社
荒神社
x1157page
鎮座地:井原市芳井町与井
由緒、御祭神共に不明

前方に進み、右折して進んだ先、左折して橋を渡るとR313号へ、左折して少し南へ直ぐに右折して進み、前方Y字路を左手に取り進んで行くと左手にブラン(BLANC)の建物、手前に坂道が在り登って行くと
下山神社
x1158page
鎮座地:井原市芳井町吉井
由緒、御祭神共に不明

西方向へ進み、3本目の道を右折して進み、先の五差路を直進でなく左手も道を進んだ左手-駐車スペースは十分、実際は間違え修正
神夛神社
x1159page
鎮座地:井原市芳井町吉井2463
由緒、御祭神共に不明

前方の広い道まで引き返し左折して進んで行くと、前方左手山際に鳥居、左折して進み三叉路附近に車を停め、民家の間より目指す
荒神社
x1160page
鎮座地:井原市芳井町吉井
由緒、御祭神共に不明

車を停めた処の左手に石垣の上の祠
不明祠
x1161page
鎮座地:井原市芳井町吉井
由緒、御祭神共に不明

元の道へ戻り、更に進んで行くと左手にお寺が二つ並んだ間に鳥居、前の広場に車を停め参詣
荒神社
09132page
鎮座地:井原市芳井町吉井1520
由緒、御祭神共に不明

北方向へ進むと9号に出会うので左折して川沿いに進んで行くと天神峡と左手に神社
天神社
09135page
鎮座地:井原市芳井町吉井1145
由緒:創建年代は詳らかでないが、「天神社誌」に次の様な話が記されている。
「延喜元年(九〇一)菅原道真が太宰府に左遷される途中播州曽根(現兵庫県高砂市曽根)に立ち寄り、自らの像を刻んで『我を信仰ある所に落ちよ』と投げ上げた。像は当地に飛来し、これを見つけた村人たちによって祀られ、以後天神社は吉井の氏神として信仰された。
ここに書かれた伝説のすべてを信じる事はできないが、曽根にも道真の伝説を残す曽根天満宮があり、幕末ともに一橋藩領であった吉井と曽根の関係を示しているのではないかと考えられる。
本殿・延宝三年(一六七五)、拝殿文政四年(一八二一)、弊殿は大正四年(一九一五)の造営
御祭神:菅原道真
黒丸神社
鎮座地:井原市芳井町吉井1145
由緒、御祭神共に不明

9号を更に進んで行くと、北行きから西行きに、そして再度北へ曲がる処(工事中)の右下へ下る道とその先に橋、念の為9号路肩へ車停め歩いて、橋を渡り、前方三叉路を左手登って行くと右手に-十分車で可能
荒神社
x1163page
鎮座地:井原市芳井町川相
由緒、御祭神共に不明

9号を北へ進んで行き、本来『金黒神社』へ向かうため左手入る予定の処を通り越し、かなり進んだ前方左手2本目の橋を渡った右手奥に
不明神社
x1164page
鎮座地:井原市芳井町山村
由緒、御祭神共に不明

前の道を南方向へ登って行き、前方一番高い位置にある右手V字の道が在る辺りに車停め附近を歩いてみるが参道は見当たらない。此処でたまたま出会った地元も人が親切に神社手前まで案内を-V字の道を進み、北でUカーブし南へ、再度Uカーブして北へ進む地点の山道を進んだ南側で右手にある階段の奥
金黒神社
x1165page
鎮座地:井原市芳井町山村
由緒、御祭神共に不明
こんな山中の神社で氏子は三軒だけらしい、しかし備前焼の狛犬、少し破損しているが、最近岡山で盗難が続いているので写真に。
それにしても罰当たりな輩のために本当に迷惑する-

9号を北へ進み、郵便局先、左手火の見櫓先の道を左手にみちなりに進んで行くと前方広くなった三叉路の右手に鳥居と階段
八幡神社(下鴫八幡宮)
09156page
鎮座地:井原市芳井町下鴫1378
由緒、御祭神共に不明

9号を北へ進んで行き、石材店を過ぎた先。『宮島酒店』先を右折して進んで行くと左手に鳥居、ここに停めても良かったが今日何故かダンプカー多くは知っている、少し先の大内谷公会堂側え車を停め歩いて、石段も急だがその先の山道も結構な距離
鍵掛岩渡神社
09155page
鎮座地:井原市芳井町山村62
由緒、御祭神共に不明

9号まで引き返し、少し進んだ直ぐ先『妙福寺東参詣口』右折して登って行った途中-地図では右側、この場所は左側、再度確認が必要
明見神社
x1165page
鎮座地:井原市芳井町山村
由緒、御祭神共に不明

明見神社前の道を山奥に進んで行けば行けそうな気がするが、道が不安、9号まで引き返し進んで行き、前方『妙福寺案内』右折してみちなりに広い道を進んで行けば右手に-道幅は分からないが此処へ先ほどの道が通じている。
八幡神社
09154page
鎮座地:井原市芳井町上鴫1085
由緒、御祭神共に不明

元の9号まで引き返し、今度は西方向の坂道を登って行き、みちなりに進んだ後前方を右手登って右側に進んで行くと前方にフェンス、更に進んで行くと左手に集会所と広場、右手に階段と鳥居
柏森八幡神社
x1166page
鎮座地:井原市芳井町上鴫
由緒、御祭神共に不明

9号を更に北へ進んで行くと前方左手にフェンスと広場と校舎らしき建物、左折して進むと左手に祠、そのまま進んで行き、不安になるので早めに車を停め歩いて右方向、北へ進んで行くとと前方に-車で可能、9号から行けそうな気がするが未確認
糸崎八幡神社
09159page
鎮座地:井原市芳井町西三原1419
由緒:本神社は寛正2年備後国納所村桜山城主三原豊後守が落人となり、三原三郎と称した。三原三郎はこの地を西川手村と名付け、糸崎に神社を創建し、氏神とした。明治39年10月18日本殿並びに社殿を改築した。
御祭神:譽田和氣命、息長帶比賣命

9号を更に進んで行くと右手に、前の路肩広い
中山天神社
09158page
鎮座地:井原市芳井町東三原3295
由緒、御祭神共に不明

北に進んで行くと右手に77号右折してかなり進んで行くと右手に鳥居
秋葉神社(三社宮)
x1167page
鎮座地:井原市芳井町東三原
由緒、御祭神共に不明
この辺り路肩に雪が残っている、やはり中部でも山間部は雪の注意が必要

77号を更に進んで行くと左手に『穴門山神社』の大きな鳥居、左折して鳥居の先を進むと直ぐの左手に
須佐男神社
x1168page
鎮座地:高梁市川上町高山市
由緒、御祭神共に不明

77号を更に進んで行くと左手に『弥高山』標識の先左手
弥高山神社
x1169page
鎮座地:高梁市川上町高山4324
由緒、御祭神共に不明
これも良く分からない神社の一つか?

想像していたより遠くへ来ている、これから更に進んで行くとR313号へ出る予定、しかし結構南北にぶれる、これから高梁経由か井原経由からか悩むが前者の方が近そう?、他のコースも考えるが無難に高梁経由で帰宅。この方面は結構未参詣神社が残っているのでコースの見当が必要か?

神社廻り-岡山市未参詣

体全体が疲れた感じ、この処神社廻りを行いたい気持ちと、山間部の分かり難い道が少し嫌になっており、悩みが尽きない。
岡山市内近郊の未参詣神社を考え、備前原の北、笠井山の奥にある八幡宮:岡山市北区畑鮎1276の参道を宮司さんに電話して聞いてみるが、用事がある時は地元の人に案内してもらっているので全く分からないとのこと。位置は以前確認しているが何処から行けばいいのか全く分からない。平地ならさほど問題は無いのだろうが山あり谷ありの地形ではお手上げ!、要検討

近くをぶらっと散策する感じで前回本殿の屋根が改修中だった吉備津彦神社:岡山市北区一宮1043を尋ねてみるがまだ改修中、仕方ないので全く位置不明の近くの神社を尋ねる事に!
R180号より『中川橋』を渡って右折し61号を北へ進んで行き、自動車道を潜った先で右折して239号を進み、右折する処を直進し、二つ目の池の先へ車を停め左手の道を進んで行くがやはり全く見当がつかないので諦めて引き返していると地元の人に会い、尋ねると西の畑を昇った先に在るはずだがこの地区の神社でないので道が今あるかどうか分からないが左右どちらかに行く参道が有るはずと、強引に山の中へ入って行くが全く分からない。山を越えた向う側、横谷地区の神社なのでそちら側には参道が有るはずとも教えられたので引き返し、西側から挑戦!
南へ引き返し、61号を北上、左にカーブした先、『大新物産』手前の道を右折して進んで行き、前方突き当りに在る集落の手前に車を停め、参道を探して集落を歩いていたときに出会った人に教えられ、集落手前の畦道を進んで行くと行けるとのこと、竹藪の間を進み、その先急な山道を進んで行くと行きつく、結構大変である。また、神社の南側にも参道が見られるが未確認
木神社(木藏大明神)
06006page
鎮座地:岡山市北区福谷428(芳賀)
由緒、御祭神共に不明

ちょこっと出かけるつもりが二時間程度の遠出になってしまった。岡山市内の残りは山の中、少し気が重い!
ギャラリー
  • 神社巡り-市内小神社+α
  • 神社巡り-市内小神社+α
  • 神社巡り-市内小神社+α
  • 神社巡り-市内小神社+α
  • 神社巡り-市内小神社+α
  • 神社巡り-市内小神社+α
  • 神社巡り-市内小神社+α
  • 神社巡り-市内小神社+α
  • 神社巡り-市内小神社+α