岡山県内神社巡り(メイン)

片っぱしらからの神社巡り

2017年02月

神社巡り-足守附近

最近は老犬の世話で家に居ることが多い?、2月最後ということで出かけることに、目的は神社でなくお寺の感じが強い『龍泉寺』へ
龍神関係のお寺なので鳥居も在り、又備中は神社に鐘が多く見られ、神仏混合の名残が強いのか?

通常通りR180号で総社方面へ、山陽自動車道の下を左折して進んで行くと左手に
加茂神社:岡山市北区加茂1226
10002
自動車道沿いに西へ進んで行くと前方に73号、右折して自動車道を潜り直ぐ左折して進んで行くと右手に『産土荒神社』、その先を左折して自動車道を潜り直ぐ右折して進んだ右手土手下
上加茂神社:岡山市北区津寺19
10003
神社の裏に住んでいる人の野犬か?おとなしいがこれだけ数がいると?

先程の高速の処まで引き返し、みちなりに進んで行くと前方R180号、右折してR180号を引き返し、『高松稲荷』信号で左折して241号を進み『高松城跡』へのT字路の処へ車を停め右手の小山を
御崎神社:岡山市北区立田911
10065

『高松城跡』を目指し、一番手前の駐車場へ(高松城址公園資料館)へ車を停め一周、資料館へ立ち寄り北東方向の宇喜多軍の陣営跡の八幡神社を目指す
八幡神社:岡山市北区和井元108
10042

城跡の先の十字路を右折して進み、川沿いのY字路を左手に進んで行くと神社前に、前の路肩に駐車

城跡の先の十字路まで引き返し、この附近に車を停め南側へ
不明祠と地蔵堂
x1521page
鎮座地:岡山市北区高松
由緒、御祭神共に不明

資料館前まで戻り東側へ
妙見大菩薩(清水宗治位牌堂)
x1522page
鎮座地:岡山市北区高松
由緒、御祭神共に不明
清水宗治自刃の地(舟上では?)、ごうやぶへ行く手前『星友寺』の隣り

241号まで引き返し、北上坂道の途中の左手に『最上稲荷奥之院』の参道、とても歩いて行くはしない、先へ進んで自動車道を-前方信号を左折、突き当りを左折して進んで行った先、突き当り手前を左手へ進んで行く、結構いい道、突き当りまで行ったが何か車が多く停まっておりUターンに苦労、少し手前の石柱手前に駐車した方が賢明
最上稲荷奥之院一乗寺
x1523page
鎮座地:岡山市北区長野495
由緒、御祭神共に不明

今度は引き返し反対方向の龍泉寺へ、Uカーブした左手奥に大きな鳥居、龍王池から本殿へ、そして有名なお滝へ廻ってから足守方面へ下って行く-途中車止め等があり駐車場へ車を置き歩いてブラブラと!
龍泉寺神苑
x1524page
鎮座地:岡山市北区下足守900
由緒、御祭神共に不明
日蓮宗のお寺だが鳥居、神殿等何故か神社っぽい?、今日は何を目的に出発したのか?、まあ、深くは考えない

下って行った先右手に、前回は路肩に車停め歩いて石段を登ったが今回は西側にある車道から車で
10066_葦守八幡宮:岡山市北区下足守468

神社横を北へ進みR429号を横切って足守川を渡り右手に(ホタルの河原の側)
不明神社
x1525page
鎮座地:岡山市北区足守
由緒、御祭神共に不明

先へ進み突き当りを右折して進んだ先の駐車場へ車を停め、「旧足守藩侍屋敷遺構」、「足守陣屋跡」、「木下利玄の生家」から近水園へ
意外と時間がかかり、帰宅することに!

神社巡り-西大寺南方

風は強いが天気は良い、梅のシーズンなので神崎梅園と神前神社を目指し、その後吉井川東岸、南の方の未参詣神社へ。
旭川東岸の土手沿いに南へ下り左折してR2号へ乗り、東へ、岡山ブルーラインで吉井川を渡り『神崎IC』で降りて28号へ、南へ進み坂を登って下った先の十字路を右折して進み川を渡って進んで行くと鳥居が、前回もこのコースを取ったが、橋を渡り、川沿い(千町川)に北へ進んで行くと『神崎梅園』の表示、北側に駐車場があるが神社へは遠い、車止め等の事もありどこまで進めるか?道はぐるっと回っているので何とかなるのか?
梅園の印象はまだ新しい感じ、何か梅の木は苔が生えた古木の印象が強い!
神前神社:岡山市東区神崎町2466
08031

神社前の道を南へ進み前方広目の道の十字路を右折して進むと吉井川へ、左折して進んで行くと右手に
祇園さま(ボンボン岩)
x1515page
鎮座地:岡山市東区西幸西133
由緒、御祭神共に不明

更に南へ進んで行くと直進は通行止め、左折して東へ進んで行くと千町川の水門、これを渡って右折して232号を進んで行き、直進して233号を進み『首塚さま:岡山市南区正儀』を探すが分からない
233号を南へ進んで行くと「ほんぶしん」の山神山と再生殿-天理教からの分派した新興宗教らしい、ここの中に天津神社が!
まずは山神山へ-非常にいい道が造られているが最初の処に車止めが、歩いて行くことに
ほんぶしん(山神山、再生殿)
x1516page
鎮座地:岡山市東区西片岡
由緒、御祭神はHP参照

山神山へ行って帰り途中左手に下る道が、進んで行くと左手に細い道が、登って行った奥に
天津神社
x1517page
鎮座地:岡山市東区西片岡
由緒、御祭神共に不明

ここに車を置いて少し北方向へ下って行くと左手に参道の石柱
生目八幡宮
x1518page
鎮座地:岡山市東区西片岡
由緒、御祭神共に不明

北へ引き返し232号を進んで行くと本日最初の神前神社へ行った道、橋を渡り北上すると『西大寺浜』の信号で28号へ、左折して永安橋へ進み渡った先の左手に
荒鍬宮
x1519page
鎮座地:岡山市東区西大寺南2丁目2
由緒:元は円満院の鎮守であったが、明治45年(1912年)今町へ譲る。祭祀は普門院の住職が担当する。
御祭神:本地将軍地蔵菩薩、三宝荒神天満大自在天神

風が強くなったので百間川方向から帰宅

神社巡り-近郊+再訪

昨日に続き遺跡(古墳)巡りに神社参詣を絡める、先ずは最近見つけた桃太郎線(旧吉備線)の大安寺駅の北側に、R180号から『関西高』で左折し踏切を渡った先を右折して西へ進んで行った先、Y字路の処に車停め右手を進んで行った右手-前に空地があった。
久道稲荷大明神
x1510page
鎮座地:岡山市北区大安寺中町13-8
由緒、御祭神共に不明

西方向へ広目の道を進んで行くと前方に岡山西バイパス、潜って進み笹ヶ瀬川を渡って左折して川沿いに進んで行くと新幹線を潜って少し進んだ右手、広目の道を右折して進むと神社が見えるので、適当な路肩へ車停め歩いて
石清水八幡宮:岡山市北区白石376
01059
前回もそうだがあまり広い道ではないので早めに車を停め

前方西方向へ進み、突き当りを左折して進んで行くと、山陽線、越えて進むと、前方に『白石』信号で旧R2号を横切り進んで行くと、土手沿いの道と下側の道のX字路、右手に進み、その先のY字路を右手に進み最初の広目の道を左折して進んで行くと右手に、少し先の団地に車停め歩いて-神社境内前に中は可能
蟹八幡宮:岡山市北区久米90
01061

先程左折した処まで戻り左折して進んで行くと前方に61号、右折して北方向へ進み、新幹線を潜った進んで行った先を左折して神道山方向へ

これまで全く行ったことが無かった黒住教本部へ
黒住教本部
x1511page
鎮座地:岡山市北区尾上2770
由緒:備前岡山藩の守護神社・今村宮の神官であった黒住宗忠くろずみむねただ(1780~1850)が、江戸時代(文化11年11月11日・西暦1814年)に開いた教派神道です。幕末三大新宗教に数えられ、神道十三派の草分けです。 
教祖神:黒住宗忠

ここの駐車場に車を停め、西方向へ山道を登って行く(入口に車止め-十分広い道-途中まで)前回『中山茶臼山古墳』兵っているので今回は右側の道を進み八徳寺方向へ
八徳神社(八徳寺)
x1512page
鎮座地:岡山市北区尾上
由緒、御祭神共に不明
どう見ても神社?

これから中山を巡る道を『八大龍王』のある丘を目指し、木漏れ日の径を、非常に手入れがなされた広い道、途中今回の目的の一つ『金比羅宮:磐座』を探して穴観音から鏡岩、ダイボーの足跡等へ寄り道するが分からず、軽く上り下りしながら吉備の中山龍王山山頂へ
八大龍王
x1513page
鎮座地:岡山市北区一宮
吉備津彦神社元宮磐座
x1514page
鎮座地:岡山市北区一宮

下った先にある『天柱岩』を目指すがかなりの急勾配、ロープが張られていることに納得、のんびりと散歩しながら車の処まで、吉備津神社への道を進み途中『古代吉備文化財センター』へ立ち寄って遺跡関連の資料を頂き、帰宅、途中坂道の途中の『岩山宮』で工事をしていた人に『磐座』のことを訪ねるが昔はあったが、今は無いとのこと道もないらしい、先ほどのセンターでも全く分からなかった!

神社巡り-岡山近郊神社を求め

寒いせいか家の中に閉じ籠っている?、今日は少し暖かいので自転車で操山の西側の寺院を訪ね、神社らしきものを探す。
自転車で相生橋を渡り朝日高の北側にある神社へ
田中神社:岡山市中区国富1丁目7
x1273
由緒:第六高等学校の敷地内にあったものが、地元の皆さんの懇請により隣接する田んぼに遷され、それ故、田中神社となったようです。
「明禅寺合戦」永禄10年、宇喜多直家と三村元親は、沢田の明禅寺からこの国富あたりにかけて、激しい死闘を繰り広げた。三村勢には音に聞こえた武将、庄元資もいたが、宇喜多勢に討ち破られ、元祐の軍も浮足立った。元祐はわずかな手勢とともに、なおも踏みとどまって奮戦する。しかし、そのさ中、元祐のわらじの緒が切れ、足のもつれた元祐は「わらじの緒が切れなんだらもう一息、宇喜多方をせき止められたものを・・・」と言い残しながら、ついに首をはねられたという。故に足とのどの神様
御祭神:式部少輔 荘元資
公園の一画にある神社

朝日高沿いに東へ行けば少林寺-実際は三勲幼稚園脇を抜けて少し回り道

前の道を少し戻り、北へ進んで行くと楼門、奥に法輪寺

お寺の横の道を東方向へ登って行くと『安住院多宝塔』へ-後で判明

北方向へ進んで行き、広目の道を右折して進んで行くと石灯篭、(途中に牛頭天王の石碑、寺院地区のせいか!)
手前に普門院の裏参道、前方を右折して進んで行くと正面に『安住院』の楼門と『普門院』の表参道、先ずは普門院へ、奥に見える多宝塔への道が気になり、近道と思い!-失敗
玉雲稲荷、若宮稲荷(普門院境内)
x1507page
鎮座地:岡山市中区国富2丁目26
由緒、御祭神共に不明
良く考えると安住院の多宝塔、ここから行けるはずはないか?

楼門を潜り進んで直ぐ左手に
日の出稲荷
x1508page
鎮座地:岡山市中区国富3丁目1
由緒、御祭神共に不明

更に進んで安住院へ、境内に
不明神社(安住院境内)
x1509page
鎮座地:岡山市中区国富3丁目1−29
由緒、御祭神共に不明

更に進んで行き墓地の手前に右手へ進む道、進んで行くと『安住院多宝塔』、先程の『法輪寺』方向へ進むと仏舎利塔ぽい建物!
多宝塔まで引き返し、裏側を登って行って三勲神社跡へ行こうと思ったが急峻な坂道で挫折、次回へ
帰りに墓地の中に祠を見るが『観音堂』、後楽園経由で帰宅

神社巡り-玉野方面再訪と

相変わらず寒い日が続いているが今日は天気も良く暖かそう、我が家の介護犬も五月蠅くかん高い声で鳴くばかり、一緒に近場の神社へ再訪
R30号で玉野方面へ、秀天橋手前の信号で右折して南へ、『秀天郵便局』先を右折して進み前方小さな橋を渡って左折して進み右手に『久昌禅寺』が見えたら右折してお寺の前を西方向へ進進んで行くと右手奥に、鳥居前に車を停め参詣-当然二回目だが、記憶にあるが途中の道はうる覚え
八幡宮:玉野市用吉601
04018

先程のお寺まで引き返し、川沿いに南へ進みその先広目の道を進み右手にカーブした右手先、手前に鳥居あり
天神宮:玉野市用吉865
04019

先へ進んで行くと左手にガードレールの坂道、前方を左折して進んで行くと下った先に池と、左手に鳥居、前回の記憶では手前の道が細いのと、その先が未舗装なので池の処へ車を停めて歩いて
八幡宮:玉野市小島地1132
04016

池の南側の道を東へ進み、池に先を左折してどんどん進んで行き、二つ目の池のへ前に防護柵が、前回はここへ車を停めたが、今回は神社前迄-前回も思ったが歩いた方が無難な道、距離があるので車で行ったが慎重な運転が必要-枯木、瓦礫、落葉と前に進むしか方法が無く、不安には
加茂神社:玉野市木目910
04015

先ほどの道の一本南側の東へ、先にある小さな用水路の沿って右折して荘内中方向へ、学校前をそのまま進むと車止め、学校前で橋を渡り川沿いに南方向へ、地図で確認しながら前方右折して橋を渡り前方を左折して進み広目の路肩へ車を停め歩いて、前回は北側「淡島神社参道」から進んだが今回はその先の南側から-こちら側も早めに車を停め歩いて
五十猛神社:玉野市広岡703
04020
-淡島神社参道を車で行った方がいいかもしれない-知らないとやはり不安か?

前方へ進んで行くと62号へ、左折して進み直ぐ先の『滝』信号の三叉路を右折して進み前方右折して62号を進み(比較すると非常に狭い道)滝公会堂の駐車場に車を停め歩いて-ついて思い出す、神社前に駐車可能
早瀧比咩神社:玉野市滝773
04022

三叉路へ戻り、62号で玉野方向へ-先日女性陣孝行で渋川方面へ行ったなと思いながら-前方『玉原』の信号で右折して進み日比中前で左手に、前方7&11で一休み、ここに車停め北側の神社を目指す
荒神宮
x1505page
鎮座地:玉野市和田6丁目6
由緒、御祭神共に不明

東へ進みR430号へ、どんどん進んで行くと左手に、市民会館へ車停め参詣-午前中の早い時間に行く予定が遅くなった-太陽の位置が悪い?
玉比め神社:玉野市玉5-1-17
04009

更に進んで行くと右手入った処だが南側からは一方通行、北側川沿いから回り込み、宇野小北から回り込む
宇野八幡宮:玉野市宇野2-30-1
04010

以前の神社を再訪するのは面白みにかける?、かなり早いが帰宅!、途中当新田で見つけた神社へ、当新田バス停の少し西側、昔通ったことはあるが記憶に無し、バス停付近の家が無くなりR30号より見えたようだ。
四番稲荷大明神
x1506page
鎮座地:岡山市南区当新田
由緒、御祭神共に不明
小さな鳥居は壊れたまま、昔時々通っていた処だが全く記憶なし、帰宅の途に
ギャラリー
  • 神社巡り-県外伯耆編(倉吉)
  • 神社巡り-県外伯耆編(倉吉)
  • 神社巡り-県外伯耆編(倉吉)
  • 神社巡り-県外伯耆編(倉吉)
  • 神社巡り-県外伯耆編(倉吉)
  • 神社巡り-県外伯耆編(倉吉)
  • 神社巡り-県外伯耆編(倉吉)
  • 神社巡り-県外伯耆編(倉吉)
  • 神社巡り-県外伯耆編(倉吉)