岡山県内神社巡り(メイン)

片っぱしらからの神社巡り

2017年05月

神社巡り-清音方面

要介護犬の機嫌が良さそうなので、こっそりと家で寝かして、先日に続いて同方向、総社の南・清音方面へ、R180号から272号で備中国分寺方向へ、手前で左手の狭い道(旧山陽道)を進んで行くと左手倉敷へ抜ける道の手前
市の神
x1616_市の神page
鎮座地:総社市宿
由緒、御祭神共に不明
参照:市場の守護をする神。祭神は市杵島姫命いちきしまのひめのみことが多く、事代主命・大国主命・恵比須・大黒などもまつられる。神体は円形・卵形などの自然石で、神社の境内などにあるが、本来は市の開かれる場所の路傍にまつられていたものと思われる。

旧山陽道を西へ進んで行き、R429号を横切って進んだ左手
不明祠
x1617_不明祠page
鎮座地:総社市岡谷
由緒、御祭神共に不明

序に南に石燈籠が見える『角力取山古墳』へ

そのまま山陽道を進めば良かったのだが対向車に良く出会ったので北側の270号へ-後でストリートビューで見ると先にもう一つ『不明祠』が、再挑戦が必要

270号を清音方向へ進んで行き、前方『総社南高入口』信号を左折して469号を進み、前方右折して西へ進み、最初の道を左折して進み前方X交差点に車を停め、南へ進む坂道を登って行くと右手に鳥居
八幡神社
x1618_八幡神社page
鎮座地:総社市清音軽部
由緒、御祭神共に不明
あまり整備はされて無いが結構な神社が残っている。

更に何処へも行く予定にしてないので、一応帰宅予定だが469号を北に行った右手の神社へ、前方右折して山際を進んで行けばいいと思われるが何か道が狭い、前回どの道を通ったか記憶がない、前方広目の道を南へ、前方V字に曲がり北方向へ右手鳥居を進んで行くと左手に駐車場
百射山神社(式内社):総社市三輪1347
10004_百射山神社2
三輪山の遺跡群は一度散策してみたい、今日は遅いのと疲れたので今後に、来たコースで帰宅の途に!

神社巡り-総社近辺新規?

最近あまり出かけず、国土院の地図を眺めて神社を探している状態!今回は総社近辺へ、そして見落としていた神社と新しく見つけた神社を参詣に!
今日のメインは鬼の城手前の山王神社、そして神社ではないが一応と言う感じで『岩屋寺』近辺を目指し更に奥へ
R180号、270号の通常のコース、今回はまず足守川を越えた先、右手路肩にある『地神の碑:岡山市北区津寺』
x1603_地神碑page
を撮影後、R429号を越えた先、左折して272号を進み、二本目の道を右折して進んだ右手が以前参詣した
御嵜神社:総社市地頭片山183
x0108_御﨑宮2
境内の北の端に『吉備考古館』が、何があるのか全く分からない(簡単に調べると要予約で土器類の展示)

この神社の南側に
道通宮
x1604_道通宮page
鎮座地:総社市地頭片山
由緒、御祭神共に不明

神社東の道を南へ進み、突き当りを右折していくと前方左手に、手前の路肩へ車を停め
高宮大明神
x1605_高宮大明神page
鎮座地:総社市地頭片山
由緒、御祭神共に不明

引き返し、270号を越えて道なりに北上、『作山古墳』の所で対向車が有ったので間違えてY字路を左手に、駐車場を通って右手の道へ、ドンドン北へ進んで行くと右手に地蔵堂、前方左手に石燈籠、手前の路肩へ車を停め、灯籠手前を左手に
進んで行くと『三須公会堂』の隣りに
不明神社
x1606_不明神社page
鎮座地:総社市三須
由緒、御祭神共に不明

北へ進んで広い道へ、右折して進みR429号を横切って東へ、前方の山際の突き当りを右折して進み、前方のX字路を左手V字に坂道を登って行き、下って行った先右手池の土手を右折して進み、路肩へ車停め、右手の池の奥に
不明神社
x1607_不明神社page
鎮座地:総社市上林
由緒、御祭神共に不明
ほぼ全壊に近い状態、開けた場所の割に氏子が?

北へ進んで突き当りを右折、直ぐ左折して進んだ左手
諏訪神社
x1608_諏訪神社page
鎮座地:総社市上林
由緒、御祭神共に不明
近くで出会った婦人が「諏訪様」と教えてくれたので

東側に木立でこんもりとした
不明神社
x1609_不明神社page
鎮座地:総社市上林
由緒、御祭神共に不明

北側から南へ廻り込んだ処、路肩へ車を停めていたが意外と通行量多い?慌てて車を移動する(近くの上林会館の駐車場が良いかも)
山本神社:総社市上林302
10075_山本神社2

東へ向かって進んで行くと右手山裾に(前まで車で可能だが-道は悪い)
不明神社
x1610_不明神社page
鎮座地:総社市上林
由緒、御祭神共に不明

更に東へ進んで行くと前方右手に山間を登る坂道が見えるので左折して進んで行くと。坂道手前に『牛神』の石碑、坂道を登りきった右手に石燈籠、左手奥に
不明神社
x1611_不明神社page
鎮座地:総社市下林
由緒、御祭神共に不明
右手にお堂、左手が神社、東の道(総社ICに至る)下って行くと途中右手墓地に社、中山神社とあるが個人の?

更に坂道を下って行った左手に以前に行った「玉依姫神社」、その奥に「八幡神社」、左折して突き当りを右折して進んで行った右手、道沿いに空地在り
春日宮
x1612_春日宮page
鎮座地:総社市赤浜808
由緒、御祭神共に不明

前回北側の脇参道から参詣しているので今回は南側正面から
八幡宮:総社市赤浜811
x0026_八幡宮2

先へ進み、前方十字路を左折して進み、前方適当なところで右折して180号へ出て西方向へ進んで行き、前方R429号を右折して進み、更に真っ直ぐ北上し、自動車道を潜った先を右にカーブして進み(ここで直進して問題ないが道が狭く、対向車があると厄介-前回の経験)、ローソン手前を左折して後は道なりに北方向へ進んで行く左手に『鬼の釜』、その少し先に『太一や』の表示のある坂道、この附近通行の妨げになるので駐禁の表示、少し進んだ先の広い路肩に車を停め歩いて『太一や』を目指す、手前に登って行く山道が有ったが一応『太一や』で確認、後で寄ってくださいと言われたが、これから岩屋方面の山歩き、足守方面と予定しているので後で挨拶のみ
途中に鳥居があり間違えようのない一本道-前回『鬼の釜』からの道が時間も遅かったので探せなかったが、今回の道は分かり易い
山王神社
x1613_山王神社page
鎮座地:総社市黒尾
由緒、御祭神共に不明

後は『鬼の城』を横目にどんどん広目の道を進んで行くと岩屋の駐車場に、ここから案内板に従って左回りに一周、この辺りは平安時代末期東の叡山と並び称された山岳仏教の聖地?、三十八坊あったとされ、高僧成尋阿闍梨もこの地で修行をしており、著名な仏教の霊場、車を木陰に停められ、運動不足解消のため歩くことに、仏像が非常に多いが岩屋寺を含め神社があってもおかしくないが、はやり仏像のせいか神社巡りの一環としては問題?、『毘沙門天堂』をもって神(仏教の)を祭ってあるとする。
岩屋寺毘沙門堂
x1614_岩屋寺毘沙門堂page
鎮座地:総社市奥坂
由緒、御祭神共に不明

後はひたすら引き返すことに、鬼の城駐車場の菖蒲を眺め、一気に山を下り前方271号で東方向へ進んで行くとR429号へ、左折して北上し足守へ、前方左手に取り、先の左手の橋を渡り(この橋の北側は以前蛍を見に来て殆ど駄目だった処-車の通行を禁止しないと駄目だろう)、郵便局近くに車を停め一本東側の裏通りを進んで行くと右手に
木野山宮
x1615_木野山宮page
鎮座地:岡山市北区足守1215
由緒、御祭神共に不明

北へ進み岡山空港方面から帰ることも考えたが、敢えて坂道を登ることは無いと思い南へ下り、R180号で帰宅、時間が早いので全く渋滞して無い。

神社巡り-御津近辺再訪

久しく神社巡りも行ってないが近場では無理があるが、再度参詣ということで御津近辺へ!
R53号で北上野々口の先、御津の手前での信号で左折して進み前方61号[信号]の処の右手前方の道を進んで行った右手奥(鳥居が見える)、適当な車を停める場所がないので少し手前の空地に勝手に停め歩いて先へ進み、路傍に石碑と祠がある処を右手に進んで行く。
熊野神社:岡山市北区御津河内236
06077_熊野神社2

61号へ戻り東へ、前方左折して御津工業団地方向へ、坂道を登って行った「ティムス岡山工場」先を右折して下って行き前方池の先に
八幡宮:岡山市北区御津宇垣676
06074_八幡宮2
可愛い備前焼の狛犬が、不埒な輩の犠牲にならないように!

前回は東へ集落の中を進んで行ったので、今回は工場手前(登って降りることを省くため)の道へ出るつもりで神社の南の道を進んでみることに、鋭角で苦労して坂道を下って行った先、鋭角の道が二回続き、田圃に落ちそうな感じ、このコースは止めた方が賢明、前方Y字路を東方向へ進み適当な場所で61号へ出て進み、右に曲がる処を直進し、広目の路肩に車を停め歩いて左手奥へ(やはり私有地以外適当な駐車場所無い)、参道口には石柱が
八幡宮:岡山市北区御津宇垣1340
06073_八幡宮2

R53号迄出て、北へ進み前方左手の31号を進んで行った先、橋を渡った先を左折して31号を進んで行った右手、道沿いに広い駐車場
七曲神社:岡山市北区御津金川602
06083_七曲神社2
途中前方山の上に大きな木の様な物が見え、金山城跡登って見たい気はするがとても登れる気はしない-断念?

31号を更に進んで行き、前方左手の橋を渡って進んで行く(途中から御津工業団地への道)と前方右手に公園、その先の小さな橋を渡って直ぐ左折して進むと右手に鳥居、その前の路肩に車を停め参詣-石段は幅の狭い長い急なもの、かなりシンドイが右手の裏参道も慣れてないと問題か-やはり石段が無難
正八幡宮:岡山市北区御津高津521
06081_正八幡宮2

更に進んで行くと右手奥に、道べりの空きに車を停めて歩いたが、神社の西側に公園と空地
素盞鳴神社:岡山市北区御津高津1059
06082_素盞鳴神社2

更に進んで行き前方十字路を右折して北へ、61号を横切り前方の橋を渡って更に北へ進み、前方山際を右折して進んで行くと集落を過ぎて進んだ先の左手に-近くに広い路肩あり
真名井神社:岡山市北区御津中泉1345
06080_真名井神社2

引き返し、今度は山際の集落を西へ、次の橋の処へ出るが更に集落の中を進んで行くと右手に、神社前に空地と突き当り奥に神社の駐車場
真名井神社:岡山市北区御津中泉119
06035_真名井神社2

先程の橋を渡って南へ進むと東側に変わった建物(御津スポーツパーク)、公園に高瀬舟を模した遊具有り、宇甘川も昔は 輸送に使っていたのか?それとも旧御津町と言うことで旭川か?

更に31号を進んで行き橋を渡った先で前方Y字路を左手に367号を少し進んだ左手、少し先の路肩に停車し参詣-神社の横に広場があるが神社へ行く道が良くないので無理しない方が
山野神社(柏原神社):岡山市北区御津宇甘771
06036_山野神社(柏原神社)2
扁額は柏原神社であるが「山野神社」の表示もあり-旧名か

31号へ戻り更に進んで行き、前方十字路を右折して71号を北東へ進み、少し先の火の見櫓付近に車停め、東側の山中を目指すが、最短コースを取ると全く道が無く、強引に北側にある参道(前回経験)を目指す、車で行けないこともないが大した距離ではないので歩いた方が無難、帰りは南側の山道を下ることに、いずれにしても南北から回り込む必要があり
大守八幡神社:岡山市北区御津紙工
x0154_大守八幡神社2

31号へ戻り更に進んで行くと、朝日塾国際高校の先「宇甘西郵便局」手前の左手の細い橋を渡り、ペット施設の前に車を停めようと思ったが先客、少し先にY字路付近に車を停め、左手の道を進んで行く、生憎と修復中(拝殿と随身門)
宇甘神社:岡山市北区御津紙工1587
06037_宇甘神社2

31号へ戻り更に進んで、前方左手に249号行くが何か狭そう、よく覚えていないので三谷公会堂へ車を置き歩いて前方へ、Y字路を右手に取り進んで行くと左手に、ここは登り難い石組みの階段-帰りは裏側の参道を帰るが一部だけ舗装で後は草ぼうぼうの山道
眞名井神社(若王子権現):岡山市北区御津虎倉427
x0155_眞名井神社2

31号へ戻り少し進んだトンネルの手前を左手に、橋の手前を右折してどんどん進んで行くと-直ぐに未舗装の山道、車の底が当たり、瓦礫のゴロゴロ、やはり行くべきでなかった?
虎倉神社:岡山市北区御津虎倉
x0157_虎倉神社2

橋まで引き返し橋を渡って少し進んだ左手
三十番神社:岡山市北区御津虎倉
x0156_三十番神社2
ここで山城巡りをしている人に出会う、どうも私とよく似たコースを辿りながら山登りを、どうもここ虎倉城跡は真っ直ぐ登る道は無理な様、左手「旧加茂往来」を行くようで、無理かもしれないが出丸下の鳥居マークを目指して行きかかるが途中で出会った地元の人は知らない、少し登って行くと墓地が、この辺りまでは問題がないようだが、この先不確かなため断念!

31号へ出て更に進んで行くが「宇甘渓」で今日は断念、31号を下って行き、途中71号から72号でR53号で帰宅、いつも思うのだが距離的に短い山道と平たい道、何方がいいのか?今回も金川へ出てR53号と悩んだ!

神社巡り-岡山マイナー

どうも要介護ワンコを置いて出かけにくい?、近場の神社は殆ど見当たらないが以前の続きという訳ではないのだが操山近辺へ、自転車でで近くまで、更に少し歩く気で三勲神社跡へ。
京橋を渡ってそのまま東を目指せば麓まで行けるはずだが、真っ直ぐな道は存在しない。散々迷ってたどり着いたが、結果的には相生橋を渡り朝日高の南側を川沿いに進む道をたどっていた。東山の西大寺線を少し登って行くのが嫌だったので、少し北側の道を探しながら自転車を漕いだので大失敗!
操山へ登る西側の階段の処まで何とか着いたので、ここから歩きに、階段の先を右手に登って行くとかなり上った先に右手に道、ここを進んで行くと「ソロプチミストの森」更に登って行くと見晴らしのいいところに、その先に
三勲神社跡
x1601_三勲神社跡page
鎮座地:岡山市中区奥市
由緒:三勲神社は、和気清麻呂、楠正行、児島高徳を祭る旧県社で、明治8年に民間有志の手で操山の上に造られました。当時の国の施策のもと県社となり建てられたものであるため、この神社には地域的にも歴史的のも氏子がいませんでした。戦後の変革により祭り手がなくなり、昭和22年(1947年)に本殿を玉井宮の境内に移しました。
御祭神:同上
先に進んで行きたい気もするがやはりシンドイ?、引き返すことに、近くの徳與寺境内の淡島神社を目指すことに、朝日高の南西の端近くに「大師堂」

ここにある橋を渡り、右手坂道を登り三勲小の横を通り南側からお寺を目指す-自転車では無理だが橋の突き当りの階段を登った方が近道
淡島神社(徳與寺)
x1602_淡島神社(徳與寺)page
鎮座地:岡山市中区徳吉町1-2-3
由緒、御祭神共に不明
近くに宇喜多秀家の生母お福の方の供養塔あり

神社巡りも最近は近場では跡とかお寺の境内を探す感じ、自転車なので旭川沿いに烏城を眺めながら帰宅

神社巡り-岡山地区マイナー

ゴールデンウィークで渋滞しそうで出かける気がしないが、昼過ぎまでのんびりとして少し退屈気味、近場の新しく見つけた神社へ!
242号で新幹線沿いに西へ前方左手『吉備護国神社』の手前を左折して151号へ、前方左折して151号を南、庭瀬駅方向へ、駅の手前を右折、左折して南へ進んで行き、前方右手にアマチュア無線の電波塔の先辺りの路肩へ車を停め右手奥を
祇園様(荒神様)
x1598_祇園様(荒神様)page
鎮座地:岡山市南区妹尾崎290
由緒:向かって左側が祇園様、中央が荒神様、右が地神様で、別に木野山神社を祀っている。境内には、地場大師八十八ヶ所のの二十一番のお大師様がある。昔、地区内に、はやり病が流行したため、地区の人により、高梁市の木野山神社から御神体を当地に安置してお祈りした。現在も、各戸順番で、お札とのぼりを持ち回りして、祈祷をしている。
御祭神:特に記載なし

妹尾川まで引き返し、手前を左折して広目の道を進んで行き、前方道が右折する処を直進して進んだ先十字路付近に車を停め、直進、その先を左手に進んだ左手
荒神社
x1599_荒神社page
鎮座地:岡山市北区大内田524
由緒、御祭神共に不明
神社前まで車で可能、意外と広い道?近くに八幡神社の鳥居が見えるので行ってみるが以前行っていたようだし、逆光なので参詣中止

廻る順番が悪いが151号まで戻り南へ、前方の信号を左折して福田中方向へ、少し上った先右手の空地に車停め(ワンコが乗っているので木陰)少し遠いが前方へ歩き左折、その先の右カーブの処を左手細い道を進み、左手階段を登った先
三十番神(高尾の番神様)
x1600_三十番神page
鎮座地:岡山市南区山田464
由緒、御祭神共に不明

非常に暑い?、東方向へ進み61号で久米へ出て更に北上、242号で帰宅

ギャラリー
  • 神社巡り-市内小神社+α
  • 神社巡り-市内小神社+α
  • 神社巡り-市内小神社+α
  • 神社巡り-市内小神社+α
  • 神社巡り-市内小神社+α
  • 神社巡り-市内小神社+α
  • 神社巡り-市内小神社+α
  • 神社巡り-市内小神社+α
  • 神社巡り-市内小神社+α