岡山県内神社巡り(メイン)

片っぱしらからの神社巡り

2017年08月

神社巡り-市内小神社+α

非常に暑い日々が続いている、ペットロスのせいか暑さのせいか、はたまた歳のせいか全く出かけて無い、昼過ぎから近辺で見つけた小さな神社(稲荷)を巡って見る-奥さんがやっているポケモンGoに付き合って市内を車で流していると表示された神社

先ずは跨線橋を渡り、直ぐの道(信号の手前)を左折して進んで行った右手
三喜稲荷大明神
x1690page
鎮座地:岡山市北区奉還町1丁目6−15
由緒、御祭神共に不明

前方へ進み、一方通行に注意して右折して進み、前方の広い道を右折して進み、跨線橋、旭川を渡った先左折し、直ぐの川へ下りる道(車止め)の処へ車を停め、右手階段を下りた先
不明祠
x1691page
鎮座地:岡山市中区浜1丁目
由緒、御祭神共に不明

先程の広い道(402号)を東へ少し進んだ次の信号の左手-以前から分っていたが何時でもという感じ延び延びに
白雲稲荷大神
x1692page
鎮座地:岡山市中区浜1丁目11−21
由緒、御祭神共に不明

西へ引き返しR53号を南へ、清輝橋交差点を右折、直ぐの信号を左折、直ぐ左折、右折して進んだ左手(中国銀行の裏だが表通りからは無理)
秋吉稲荷
x1693page
鎮座地:岡山市北区清輝橋2丁目3
由緒、御祭神共に不明

R30号を南へ、前方左折して『国際スケートリンク』方向へ、更に進んだ右手-この附近に車を停めたが、神社脇に駐車場
春日神社:岡山市北区七日市西町4-13
01057_春日神社2
東側に一の鳥居

東へ進み、前方右折して旭川土手沿いの213号を南へ進み前方Y字路を右手に進んだ左手
子安天満宮:岡山市北区十日市東町2-28
01022_子安天満宮2

神社の北西の角
旭稲荷神社(旭工業内)
x1694page
鎮座地:岡山市北区七日市東町8
由緒、御祭神共に不明

東側へ進んで先ほどの213号へ、『岡山製紙』の手前に石柱、少し進んだ先に鳥居、また南側にも鳥居
内宮:岡山市南区浜野1-3-8
01011_内宮2

先へ進んで行った岡山製紙内
稲荷神社(岡山製紙内)
x1695page
鎮座地:岡山市南区浜野1丁目5
由緒、御祭神共に不明

更に進み、製紙の先の路肩へ車を停め南側の松壽寺へ
鬼子母神の槐(松壽寺)
x1696page
鎮座地:岡山市南区浜野1丁目7−25
由緒:「鬼子母神の槐」は樹齢約五百年、根元周囲4.6メートル、高さ8メートルの大樹で、岡山市指定天然記念物になっている。寺伝によると、寛保三年(1743)八月八日夜、時の住職十五世日全は”鬼子母神”の夢をみた。それから八カ月後、いつものように祈願していたところ、本堂前の槐の木から神像が現れ、いま”おかげ”の空洞はその像の跡である。この神像は衣をまとい赤ちゃんを抱いて、十羅刹女に守られ、訪れる人にご利益(子ども)を授けるという。
御祭神:不明

土手沿いの道を更に進んで行った左手、旭川福島緑地内
住吉宮:岡山市南区福島1-8先
01016_住吉宮2

流石に暑い、気楽にちょっと出かけたにしては長すぎた、土手沿いに北へ引き返し帰宅!

神社巡り-総社北西方面から矢掛へ

8月1日深夜、ワンコが亡くなった、17歳我が家ではこんなに長く生きたのは始めて、最近要介護犬だったので、何かポッコリ穴が空いた感じ、ワンコを偲びながら神社巡りを!

R180号で総社方面へ、高梁川に沿って北へ、豪渓から日羽の手前に、「妙見神社」を過ぎた先右折して北へ伯備線を潜った先、右手橋の手前、民家の間を左折して進んで行くと右手に、神社前の道路に車を停め参詣していると、軽トラが、前方左折して進んで行った線路の手前に路肩が広い場所が、ここに車を停めやり直し
荒神社(金毘羅宮)
x1679page
鎮座地:総社市日羽
由緒、御祭神共に不明
Googleマップには「金毘羅宮」とあるが神社には『荒神社神殿新築』の表示が

日羽駅前を通って左折して集落を進んで行くと前方に『山上大権現』の案内、不安ではあるが右折して山道を登って行く、途中に『平岩神社道祖神』あり、ここに車を停めこれから先は歩いて、右手に
山上大権現(平岩神社道祖神)
x1680page
鎮座地:総社市日羽
由緒、御祭神共に不明

更に進んで行くと前方に石柱がこちら側の集落の神社か、一度参詣しているが東側からは初めて?-あまり関係ないが!
日羽八幡神社:総社市日羽661
DSC_0531_1502012760985

R180号へ出て少し進んだ左手に池、土手に石灯籠が、路肩に車を停めて池の土手へ、更に南側に神社らしき物、池から南へ進み、2本目の道を左折して進んだ右手地蔵堂の後ろに
不明神社
x1681page
鎮座地:総社市日羽
由緒、御祭神共に不明

R180号を少し進んだ右手に『普門寺』の石柱、この道は狭そうなので、少し進んだ右手の坂道を登って行くと右折した先にお寺の駐車場に車を停め南側の鳥居の階段を登った先
不明神社(普門寺)
x1682page
鎮座地:総社市日羽
由緒、御祭神共に不明

最初に見た道を下ってR180号へ(やはり狭い)、更に進んで行って次の集落を進んだ先、右手線路前に空地-ここに車が停まっていたので歩道に車を停め、線路を2本越えて進んで行くと、西側採石場へ通じる道へその先左手に
両疫神社
x1683page
鎮座地:総社市美袋
由緒、御祭神共に不明
線路を二本越えることが無かったら未舗装だが広い道、中間辺りに鳥居在り、ここで昆虫採集をしていた人に、虫の生態をチェックしているよう

R180号を進み、前方右折して進み、最初の十字路を左折して進んだ先を右折して進み、線路を越えた先から曲りくねった山道へ、先程両疫神社で出会った人に、車で通行可能と教えられていたが不安になるような道の連続、途中脇道は見られるが進みたくなるような道ではないので、どんどん進んで行くとやっと集落に!
その先色々な方向への道があるが右折して登って行く道を進んで行くと前方にY字路、ここに車を停め南方向へ-Googleマップでは神社へは右手脇道を進む感じだが、神社へ至る道しか現在は存在しない-車でも一応は可能
六社宮(橘神社)
x1684page
鎮座地:総社市宇山1
由緒、御祭神共に不明

先に進んで行くと集落に、中程に左手コンクリート舗装の道が、少し進んだ右手にジグザグの山道が登って行った先に
木野山神社
x1685page
鎮座地:総社市宇山
由緒、御祭神共に不明

ここからが今日の大失敗!北へ進んだ前方Y字路を右手下り坂をイメージ的に納得できず左手の坂道を登って行く、前方Y字路右手が行きやすいが狭い、苦労してV字に左手に進んで行ったが広めの道を進んで行くと先程の集落へ、結局元の道を引き返すことに、しかも途中タクシーに出会う、タクシーがバックしてギリギリに通れるところへ、やはり山道はこういう場合を考えると行く気が無くなるが!しかし可能性は非常に低いことは分かっているのだが
出先ではストリートビューが確認しにくいので事前の確認が必要だが現状では確認しにくい-今回も北東へ大きく迂回すれば広い道を通れて楽だったはず(引き返すにも先へ進にも)
R180号を前方左折して166号を進む、前方左折して166号を進み、前方『清梁園』前の路肩へ車を停め、園と左手民家の裏側を探すが分からない。
園の西側の駐車場の裏側の細い山道を進んで行くと左手上に
不明神社
x1686page
鎮座地:総社市原
由緒、御祭神共に不明
背後の山頂に何か建物がありそうだが道が全く分からない、誰かに聞く必要が?

166号を進んで行くと民家が無くなった先、本当に県道か思うような道を進んで行くと前方に36号が、左折して35号を進み鬼ヶ岳ダムを過ぎ、左にカーブした先左手道路脇に壊れた鳥居
不明神社
x1687page
鎮座地:小田郡矢掛町上高末
由緒、御祭神共に不明
鳥居脇の急斜面を登れば先にあるようには思われるが、急勾配の道無しは不安で中止

35号を少し進んだ左手左折してかなり進んだ先、『吉備津彦神社』迄は前回来ているがその先に神社があるとは思わなかったので
稲荷神社
x1688page
鎮座地:小田郡矢掛町上高末
由緒、御祭神共に不明

35号迄引き返し南へ、右手に見える『諏訪神社』は記憶にあるが、更に南へ進んだ右手に見える鳥居は特に覚えがなく、路肩へ車を停め歩いた
荒神社:小田郡矢掛町内田
DSC_0622_1502012920915
この程度の神社はどうも記憶に残ってない?

更に進んで行った右手橋を渡った左手に進んだ左手-手前に車を停めて
疫神社(+地蔵堂)
x1689page
鎮座地:小田郡矢掛町内田
由緒、御祭神共に不明

南下して矢掛へ、やはり暑くて疲れているので通常コースで帰宅-時間が早いのにかかわらず三門の所が渋滞していた。
ギャラリー
  • 神社巡り-市内小神社+α
  • 神社巡り-市内小神社+α
  • 神社巡り-市内小神社+α
  • 神社巡り-市内小神社+α
  • 神社巡り-市内小神社+α
  • 神社巡り-市内小神社+α
  • 神社巡り-市内小神社+α
  • 神社巡り-市内小神社+α
  • 神社巡り-市内小神社+α