岡山県内神社巡り(メイン)

片っぱしらからの神社巡り

岡山

神社廻り-未参詣東方

姉の処へ女房に頼まれ犬のカレンダーと土産を届けに行く事に、ついでに県東部の未参詣神社を廻ることに
R2号を東に進み、吉井川の渡った先、『香登駅』の先『香登』信号で左折して進み、前方突き当りの山陽道を右折して進んで行く、大ケ池の先に進んだ交差点を直進し、突き当り(小川)の手前で右折、左折して川を渡り左折して北方向へ登って行き、池の先、付近の案内板のある空地に車を停め歩いて登って行くと砂防ダムの先、左手に下る道-入口に案内-前方に屏風岩風の山
高倉稲荷
x1847_高倉稲荷page
鎮座地:備前市伊部
由緒、御祭神共に不明

南へ引き返し、更に川沿いに進み、前方を左折して進んで行くと『伊部駅前』へ左折してR2号を進み前方右折してR250号を進んだ少し先の左手、路肩へ車を停め
お染正一位稲荷大明神
x1848_お染正一位稲荷大明神page
鎮座地:備前市伊部
由緒、御祭神共に不明

引き返し、R2号を横切り、R374号を北へ『伊部越え』先を更に進んで行くと右手にゴルフクラブの案内(現在は潰れている?)右折して進んで行った突き当りの右手
大根太明神
x1849_大根太明神page
鎮座地:備前市西片上
由緒、御祭神共に不明

R373号を進んで行き右手山の上に『天王神社』が見える先、橋を渡った先の『衣笠』信号を右手に、その先を右手斜めに進んで行くと踏切、突き当りに旧大國家住宅(国指定重要文化財)、右折して263号をみちなりに進んで行くと前方に橋、橋を渡り右折して96号を東方向へ進み前方右折して日笠川を渡って左手児童公園の先を左折して山陽本線のガードをくぐった先左手に
大内社
x1850_大内社page
鎮座地:和気郡和気町藤野
由緒、御祭神共に不明
道を挟んだ東側に『坂本大師堂』

先へ進んだ十字路付近に車を停め歩いて北へ、突き当りを右手斜めに進んだ左手に
不明祠
x1851_不明祠page
鎮座地:和気郡和気町藤野
由緒、御祭神共に不明

引き返して、先ほどの突き当りの右手奥に鳥居、山道が続き、その先左手に石段
不明神社
x1852_不明神社page
鎮座地:和気郡和気町藤野
由緒、御祭神共に不明

引き返し96号へ、左折して西方向へ、吉井川を渡り更に南西へと進み熊山、万富と進んで行った先、『宗堂』信号を左折して広目の道を南方向へ進んで行き、右にカーブする処を直進して細めの道を進んで行った左手に
不明神社
x1853_不明神社page
鎮座地:岡山市東区瀬戸町坂根
由緒、御祭神共に不明

今日は遠出する予定では無いので帰ろうかと思ったが、以前参詣し忘れた赤磐市の西を目指すことに
西へ進み『瀬戸橋』で右折して37号、27号で北へ、『下市』先の橋を左折して渡り、直ぐ右折して250号で北西へ、250号が右折する処を直進して六座神社の先を左折して、前方X路を右手にさせつ、右折して坂道を登って行くと『地蔵院』の下側へ-ここで今回の目的の普門院でないことに気が付いたが、非常に苦労してここまで来たので参詣することに、参道を登って行くと右手に空地
地蔵院:赤磐市上仁保561
何も考えずに右手へ下って行くと先程のX路に自然と出れる(下った先右手に進むと山門)、登るときは右手にとったので民家の間の直角に曲がる道をとったので非常に苦労(何回も車を降りて確認しつつ進む)
途中、07031_鴨布勢神社(六座神社):赤磐市上仁保699
DSC_1412_1514462026912

に参詣して250号を北上して目的の場所を目指す。
前方53号との交点を左折して進み前方Y字路を右手に川沿いに進んで行くと前方T字路に案内の石柱(何方に進んでもいい)前回右手に進み神社を目指したので今回は左手に、広い道ではないが問題なく山門に到着、上まで車で行けそうだが歩いて参詣、
普門院:赤磐市山口990
正面石段を登った先右手奥に
鎮守堂三王社(普門院)
x1854_鎮守堂三王社(普門院)page
鎮座地:赤磐市山口
由緒、御祭神共に不明
右手の道の方が良かったようである、途中パン菓子と柿を買って帰宅、意外と時間がかかっていた。

神社廻り-矢掛から鴨方へ

昨日まで風が強く寒かったのでずっと家にいたが、今日は風も無く、明日からは天気が悪くなりそうなので急遽出掛けることに、R180号、270号、R486号で矢掛方向へ、『東三成』信号で左折して282号で南へ、前方35号と出会った交差点右手に-例によって深く考えない
青木大師堂(祠)
x1839_青木大師堂(祠)page
鎮座地:小田郡矢掛町横谷
由緒、御祭神共に不明

直進して進んで行くと左手に池、その先右手に『観照寺』、更にその先の右手の道を進むと右手に-右折した処に車を置いて
カゴツキ神社(柏木荒神社)
x1840_カゴツキ神社(柏木荒神社)page
鎮座地:小田郡矢掛町横谷
由緒、御祭神共に不明
古木があり名の由来、側には冬桜?

先に進んで64号へ、南へ進み坂道を登って行くと前方にT字路、左折して遥照山方面へ、曲がりくねって進んで行くと矢掛町から浅口市へ、その先の十字路を左折して382号へ、進んで行くと右手に公園、左手に
日月水火神社
x1841_日月水火神社page
鎮座地:浅口市鴨方町益坂1867-33
由緒:大元皇大神様ー大宇宙を創造され、運営される無限絶対無始無終の垠之神です。国常立大神様ー大元皇大神様の分神として、大地の修理固成をされ、日月星辰を生み出された神様です。神社名の日月は、天の陰陽を、水火(きび)は地の陰陽を意味します。天地が一体となり陰陽が融合して完全な力動を発揮され、三界の大草正を司宰される神が素戔嗚大神様です。なお水火(きび)と読むのは、神業の機微に通じ、神代より秘められた天地を救う一厘の仕組み-吉備経綸ーを意味すると共に、神秘な言霊によるものです。
御祭神:大元皇大神様、国常立大神様、神素戔嗚大神様
日月龍神様:大宇宙を創造された宇宙の元の神様。
大元皇大神様が、宇宙を動かし、地球を動かし、すべてを動かして世界のやり直しをされるために五柱の龍体のお姿をもって顕現されたのが日月龍神様です。宇宙の元の神様が陽、日月龍神様が陰で、陰陽和合の偉大なお力によって、宇宙の大浄化が行われます。

神社側の道を東へ進んで行って『遥照山』へ(一度間違えて前方右手を下りキャンプ場方向へ、直ぐ引き返し問題なし)遥照山と展望台へは寄らず東へ進んで行くと展望台が、みちなりに進んで行く前方左手に未舗装の道(道幅は広いが、真ん中が高くなっており車では難しい)歩いて進んで行くと前方にY字路、左手の道が倒木で塞がれていたので右手へ進むが違ったので、引き返し左手の道へ、何も考えずに下って行くと池の側へ、更に進んで行くと登って行った先に
木野山神社
x1842_木野山神社page
鎮座地:浅口市金光町上竹
由緒、御祭神共に不明

下って行くと山陽自動車道の上?、ぐるっと回って広い道に、トンネルを通って西へ進んで行くと前方左手に『益坂』の標識、右折して進み、適当な場所に車を停め歩いて
牛王荒神
x1843_牛王荒神page
鎮座地:浅口市鴨方町益坂
由緒、御祭神共に不明
南の道際に見えたのは太子堂

西へ進んで行って64号へ、少し進んだ先右手に日吉神社:浅口市鴨方町地頭上319の車参道右折して北へ進み大きくUカーブした右手に石柱と石段-手前の池の所に車を停め北側の山道を進んだ先(右手の山道を登って行くと東側の参道-西側にも)
住吉宮
x1844_住吉宮page
鎮座地:浅口市鴨方町地頭上
由緒、御祭神共に不明

西へ進み286号へ、南西方向へ進んで行くと左手に『(株)カワカミ』の少し先左手に坂道、Uカーブして登って行った右手-良く分からないので手前に車を置いたが、石段下までは可能、路肩広い
金毘羅神社
x1845_金毘羅神社page
鎮座地:浅口市鴨方町小坂東
由緒、御祭神共に不明

更に進んだ先、右折して155号を北へ、Uカーブする手前右手に石灯籠、先にある『鴨方町の加工場』の前に車を停め-『滑石の石文』の側
不明祠
x1846_不明祠page
鎮座地:浅口市鴨方町小坂東
由緒、御祭神共に不明
前方ダムの下にあった民家の人に『天津神社:浅口市鴨方町小坂東1006』を聞くがこの附近にはない様子、諦めて

155号を更に進んで行くと右手に『安部晴明ゆかりの地』があるが、何か疲れた感じ、帰ることに
南へ向かい60号を進んで金光の西でR2号へ、意外とスムースに進んだが早島の先で渋滞、コンベックス方向へ進み、更に北へ、新幹線沿いの道を東に進むがスムースではない!
やはりどのコースを選択しても同じか!

神社廻り-倉敷暇つぶし

奥さんが姪っ子に頼まれた倉敷・阿智神社の御朱印帳を求めに倉敷へ、彼女はポケモン探しの楽しみもあるが私には何もない、これも奥さん孝行と思い阿智神社へ、神社の横に少しの駐車場があるが、観光客の多い街中を通らなければならないので無難にアイビースクエア前の有料駐車場へ
藤では有名だが紅葉は大したことはないのか?時節柄七五三詣でが多い!
阿智神社:倉敷市本町12-1
DSC_3360+
阿智神社でワンコと時間つぶし、倉敷川沿いの美観地区へ、南の端の社へ
不明祠
x1855page
鎮座地:倉敷市本町
由緒、御祭神共に不明

帰りに何処かポケモンに付き合わされることを覚悟しながら帰宅

神社廻り-矢掛・井原方面

昨日に続き今日はR486号を西方向井原方面を目指す-これまでと同様、R180号、270号、R486号で高梁川を越えひたすら西へ進んで行くが、一緒のワンコが車を降りたがっているので確か広い駐車場があった『吉備大臣宮:小田郡矢掛町東三成3864』
DSC_2470+
で休憩、広い駐車場-ほとんど車が無い-元気に走り回る
と前方小田の手前、『ニシナ』の看板が見える処右手斜めに進んで行き、前方48号を横切り進んだ突き当り付近に車を停め歩いて右にカーブした先、左手に結構広いコンクリートで舗装された道、登って行くと左にカーブした先、通行止めのロープ、潜って登って行った先、右手に石段
荒神社
x1820page
鎮座地:小田郡矢掛町小田
由緒、御祭神共に不明

R486号へ引き返し西へ、前方『川上歯科』の先、『オダテクノス』の案内の処を右折して進み、前方Y字路付近に車を停め、近くで出会った人に聞くと「直ぐ先を右手に入った奥に荒神社、そして西側の山に長い石段の天神社」を教えられるが、停まっている車の先を登って行った処と教えられ進んで行くが分からず西に見える鳥居を目指して、集落をU字に曲がって進んで行く-石段のある天神社と教えられたので井原市東江原町の天神社と勘違い、実際は
天満宮
x1821page
鎮座地:小田郡矢掛町小田
由緒、御祭神共に不明

引き返していくと、車の先に坂道登って行くと
荒神社
x1822page
鎮座地:小田郡矢掛町小田
由緒、御祭神共に不明
Y字路の民家の裏側、直ぐ西側に参道

池の側の左手の道を進んで行き、坂を下った先左手に-国土地理院の地図では神社マークだが地蔵堂
地蔵堂
x1823page
鎮座地:井原市神代町
由緒、御祭神共に不明

手前の道を左折して坂道を登って行き、その先少し下った右手に、墓地の手前(駐車スペース)に車を停め
荒神社
x1824page
鎮座地:井原市神代町
由緒、御祭神共に不明

先へ進んで前方右折して山陽道を西へ、広めの道を少し北へ進み山際を進んで行くと前方にY字路、ここに車を停め先に進んだ交差点に地神碑と『高越城跡』の案内、右折して坂道を登って行くと右折して進んでいった左手山際に、行は強引に神社を目指し、帰りは前方の広い道を通って引き返す
荒神社
x1825page
鎮座地:井原市東江原町
由緒、御祭神共に不明
『高越城跡』までかなり近い処まで行ったわけだが、これから後が急勾配でしんどそうなので諦める
高越城址へは西、北から廻り込むと車で(南側麓から車で12分-3.6㎞)行けるようだ

南へ進んでR486号を西へ進んでいくと『青木』信号の先、山陽道と交わる所に車を停め右手の石段を登って行った先
不明神社
x1826page
鎮座地:井原市東江原町
由緒、御祭神共に不明
神仏混合地

その先の右手山陽道を進んで行くと右手に『足次神社』の石柱、更に進んで行くと右手に『甲山八幡神社』の甲山八幡神社、後ろの山の上に神社が在るようだが確かめる人に出会わず-航空写真では東側からの道が見えるが分からないので中止、山陽道を更に進んで行くと十字路北東の角に祠と地蔵堂(川の手前で十字路が少し膨らんだ先)
不明祠
x1827page
鎮座地:井原市西江原町
由緒、御祭神共に不明

手前の神社を見落としているので引き返し、十字路が少し膨らんだ処の一つ東のT字路の北東角
不明神社
x1828page
鎮座地:井原市西江原町
由緒、御祭神共に不明

更に山陽道を進み川を渡った先のY字路の南東、とらや商店の側
不明祠
x1829page
鎮座地:井原市西江原町
由緒、御祭神共に不明

川まで引き返し左折して北へ進むと166号右折して直ぐ先左手斜めに進み、最初の十字路を左折して進んだ次の十字路の附にkる間を停めh菓子方向へ進み、直進して墓地への坂道を登って行くと前方右手に
不明神社
x1830page
鎮座地:井原市西江原町
由緒、御祭神共に不明

行くときは気が付かなかったが登り道の途中の北側に
若宮神社
x1831page
鎮座地:井原市西江原町
由緒、御祭神共に不明

166号へ引き返し西へ進んで行くと『興譲館高校』の先右手に祠が小さな川を渡った先に車を停め坂道を登った左手プールの奥-井原中の管理?、当然ながら入れない
不明祠
DSC_2566
鎮座地:井原市西江原町
由緒、御祭神共に不明

更に西へ進んで行くと前方R313号、予定ではR313号を北へ、『昭和橋』信号を左折して進み、前方『郷照寺』手前を左折して山中へ、グルっと回った右手『八荒神社』へ行くつもりだったが道幅も分からない山道は今日はしんどい、今後元気の時にと思い、R313号を西に進む所を間違えて北に、国道でUターンし難く、右折して適当な道を通るつもりが、知らない処は斜めの道を進んでいるとき、訳が分からなくなっている。知らないうちに東へ、小田川を渡ってしまっていたので、『興譲館高校』の近くで自分の位置が、通り慣れたR486号へ出て西へ、途中からR313号で西へ県境近くまで進んで前方左折して3号を南へ進み、前方T字路を右手に取り102号を進み、前方T字路(田上⇒の標識)を右折、左折して進んで行くとY字路に『大江町(田上)史跡案内図』眺めていると後ろの車に「ピー」慌てて右手に行くところを左手に-予定ではいいのだが、先ほどの案内図で二ヶ所に寄りたくて。
良く分からないので広目の道を進んでいると『長澤神社:井原市大江町4962』
DSC_2583+
に前回は102号で分かりやすく東側から、今回は裏側の西側(御旅所)から
引き返し直ぐ前方のY字路を左手に、次のY字路を左手に登って行った先、右にカーブした正面の坂の上に、下側の路肩に車を停め
荒神宮
x1833page
鎮座地:井原市大江町
由緒、御祭神共に不明
薬師堂と併設

先程の案内図の処まで引き返し、左手西方向へ、こちら側からはV字で曲り難く、最初の所が非常に狭い、そのまま進んで行くと池の北東に、ここが少し広く駐車
荒神宮(梶村荒神)
x1834page
鎮座地:井原市大江町
由緒、御祭神共に不明

引き返して、前方十字路、路肩に車を停め左手坂道を登って行った先
天満宮跡
x1834page
鎮座地:井原市大江町
由緒、御祭神共に不明

Y字路まで引き返し、その先のT字路を右折して進むと前方に102号、北へ進み前方を右折して3号を、その先右折して3号をどんどん進んで行き池の側を左折して290号を北東へ進み左手小学校の先の十字路を右折して進んだ突き当り付近に車を停め左手中腹に見える社へ
観音堂
x1835page
鎮座地:井原市下稲木町
近くで会った人に聞くと神社でなく観音堂

遅くなったのでそろそろ帰る感じで、290号へ戻り北東方向へ進み、かなり進んだ先右手に工業団地が見える手前の変則十字路を右折して進んだ右手
出雲大社木之子教会
x1836page
鎮座地:井原市木之子町3450
由緒、御祭神共に不明

引き返し290号を進み前方左にカーブする処に車を停め、歩いて東の『三光寺』を目指し隣の墓地の間の坂道を登って行くと奥に-車で可能
不明神社
x1837page
鎮座地:井原市木之子町
由緒、御祭神共に不明

前方に進みR486号へ、来たコースを逆にたどり帰宅、あまり遅くならなかったせいか街中は渋滞、西方向からの帰宅は時間が影響する。

神社廻り-市内小神社

台風はさほど問題なく通り過ぎた、女房の皇帝ダリアが被害?を受けたか?
天気は良いが台風直後はロクなことが無いので行きそびれている近場へちょっと?
242号で笹ヶ瀬川を渡りその先を右折、左折して61号へ、前方左折して旧61号を進む直ぐ左手
不明神社
x1780page
鎮座地:岡山市北区尾上549
由緒、御祭神共に不明

先へ進んで行った左手に
不明神社
x1781page
鎮座地:岡山市北区尾上
由緒、御祭神共に不明

先に進み、前方右折して新61号を進み、更に直進して吉備線、小さな川を渡った先、突き当りを右折して進み前方の左手の橋を渡り左折、その先を右折、前方の岡山西バイパス側道を左折して北へ、右へカーブして進んだ先のR180号の手前を右折して、山陽道を進んで行くと万成の峠付近、右手に石垣、その上に石碑
不明石碑(神仏混合)
x1782page
鎮座地:岡山市北区万成東町
由緒、御祭神共に不明

前方へ進みR180号へ、問題なく帰宅

ギャラリー
  • 神社廻り-福山北西方面
  • 神社廻り-福山北西方面
  • 神社廻り-福山北西方面
  • 神社廻り-福山北西方面
  • 神社廻り-福山北西方面
  • 神社廻り-福山北西方面
  • 神社廻り-福山北西方面
  • 神社廻り-福山北西方面
  • 神社廻り-福山北西方面