岡山県内神社巡り(メイン)

片っぱしらからの神社巡り

赤磐市

神社廻り-未参詣東方

姉の処へ女房に頼まれ犬のカレンダーと土産を届けに行く事に、ついでに県東部の未参詣神社を廻ることに
R2号を東に進み、吉井川の渡った先、『香登駅』の先『香登』信号で左折して進み、前方突き当りの山陽道を右折して進んで行く、大ケ池の先に進んだ交差点を直進し、突き当り(小川)の手前で右折、左折して川を渡り左折して北方向へ登って行き、池の先、付近の案内板のある空地に車を停め歩いて登って行くと砂防ダムの先、左手に下る道-入口に案内-前方に屏風岩風の山
高倉稲荷
x1847_高倉稲荷page
鎮座地:備前市伊部
由緒、御祭神共に不明

南へ引き返し、更に川沿いに進み、前方を左折して進んで行くと『伊部駅前』へ左折してR2号を進み前方右折してR250号を進んだ少し先の左手、路肩へ車を停め
お染正一位稲荷大明神
x1848_お染正一位稲荷大明神page
鎮座地:備前市伊部
由緒、御祭神共に不明

引き返し、R2号を横切り、R374号を北へ『伊部越え』先を更に進んで行くと右手にゴルフクラブの案内(現在は潰れている?)右折して進んで行った突き当りの右手
大根太明神
x1849_大根太明神page
鎮座地:備前市西片上
由緒、御祭神共に不明

R373号を進んで行き右手山の上に『天王神社』が見える先、橋を渡った先の『衣笠』信号を右手に、その先を右手斜めに進んで行くと踏切、突き当りに旧大國家住宅(国指定重要文化財)、右折して263号をみちなりに進んで行くと前方に橋、橋を渡り右折して96号を東方向へ進み前方右折して日笠川を渡って左手児童公園の先を左折して山陽本線のガードをくぐった先左手に
大内社
x1850_大内社page
鎮座地:和気郡和気町藤野
由緒、御祭神共に不明
道を挟んだ東側に『坂本大師堂』

先へ進んだ十字路付近に車を停め歩いて北へ、突き当りを右手斜めに進んだ左手に
不明祠
x1851_不明祠page
鎮座地:和気郡和気町藤野
由緒、御祭神共に不明

引き返して、先ほどの突き当りの右手奥に鳥居、山道が続き、その先左手に石段
不明神社
x1852_不明神社page
鎮座地:和気郡和気町藤野
由緒、御祭神共に不明

引き返し96号へ、左折して西方向へ、吉井川を渡り更に南西へと進み熊山、万富と進んで行った先、『宗堂』信号を左折して広目の道を南方向へ進んで行き、右にカーブする処を直進して細めの道を進んで行った左手に
不明神社
x1853_不明神社page
鎮座地:岡山市東区瀬戸町坂根
由緒、御祭神共に不明

今日は遠出する予定では無いので帰ろうかと思ったが、以前参詣し忘れた赤磐市の西を目指すことに
西へ進み『瀬戸橋』で右折して37号、27号で北へ、『下市』先の橋を左折して渡り、直ぐ右折して250号で北西へ、250号が右折する処を直進して六座神社の先を左折して、前方X路を右手にさせつ、右折して坂道を登って行くと『地蔵院』の下側へ-ここで今回の目的の普門院でないことに気が付いたが、非常に苦労してここまで来たので参詣することに、参道を登って行くと右手に空地
地蔵院:赤磐市上仁保561
何も考えずに右手へ下って行くと先程のX路に自然と出れる(下った先右手に進むと山門)、登るときは右手にとったので民家の間の直角に曲がる道をとったので非常に苦労(何回も車を降りて確認しつつ進む)
途中、07031_鴨布勢神社(六座神社):赤磐市上仁保699
DSC_1412_1514462026912

に参詣して250号を北上して目的の場所を目指す。
前方53号との交点を左折して進み前方Y字路を右手に川沿いに進んで行くと前方T字路に案内の石柱(何方に進んでもいい)前回右手に進み神社を目指したので今回は左手に、広い道ではないが問題なく山門に到着、上まで車で行けそうだが歩いて参詣、
普門院:赤磐市山口990
正面石段を登った先右手奥に
鎮守堂三王社(普門院)
x1854_鎮守堂三王社(普門院)page
鎮座地:赤磐市山口
由緒、御祭神共に不明
右手の道の方が良かったようである、途中パン菓子と柿を買って帰宅、意外と時間がかかっていた。

神社廻り-近郊東

家でワンコとのんびりしていたが、午後になって何故かムズムズ!近郊の東方面の未参詣神社巡りへ
27号で赤磐市へ、山陽団地の中を通り下市へ、砂川の手前を左折して250号を北へ、前方に『六座神社』の鳥居を見ながら右折して250号を進み、前方53号との交差点を左折して進み、前方三差路を右折して川沿いに進んで行くと右手に、路肩に車を停め
厳島神社
x1813page
鎮座地:赤磐市山口2044
由緒、御祭神共に不明
帰ってから付近を確認すると普門院がここも参詣すべきだったか?近辺の神社も近かった性もあり再訪すべき神社も多く一度チェックしておく

引き返し、下市先から37号で『瀬戸橋』へ右折して西へ進んで行くと旧道と接する角に石碑
地神碑(船橋)
x1814page
鎮座地:岡山市南区瀬戸町笹岡
由緒、御祭神共に不明

先に進みV字に右折、V字に左折して251号(非常に狭い)を進み『天堂大神宮』先へ進み
北側のT字路を右折して進み集落の手前の路肩に車を停め、右手の山道を進んで行くと、右手に登る道がその先に-出会った人に教えられて、「おしめ様」と呼んでいるらしく、以前は社殿も在ったようである。
不明神社(おしめ様)
x1815page
鎮座地:赤磐市長尾
由緒、御祭神共に不明

引き返し96号と並行して走る北側の旧道を進むと左手に-早めに車を停めて歩く
地神碑
x1816page
鎮座地:岡山市南区瀬戸町笹岡
由緒、御祭神共に不明

『瀬戸橋』まで戻り右折して37号を南へ、平島を過ぎ更に進んでR2号を潜った先を左折して吉井川まで進み、手前の路肩に車を停め川沿いを歩くが参道見当たらない、近くの人に尋ね、集落の西側の道を進んで行くと民家の間に狭い道が、その先に
不明神社
x1817page
鎮座地:岡山市東区西隆寺
由緒、御祭神共に不明

これからが今日のメイン、南へ進み、前方224号で吉井川を渡り、前方突き当りを右折して69号を進み、前方左折して226号を進み、ブルーラインを潜った先右折して千町川を渡り、突き当り手前を左折して同じく226号を進んで行くと右手に火の見櫓の側に
地神碑
x1818page
鎮座地:瀬戸内市邑久町豊原
由緒、御祭神共に不明

先へ進み前方突き当りに『観光大雄山登山口』の石碑が、狭い曲りくねった道を覚悟し進むことに、舗装はされているが狭く三曲りとか七曲等の表示が在り、坂道での鋭角はしんどく、対向車があったらお手上げ、バイク1台に出会っただけでほっとはしたが、着いた時点では帰りは考えないことに、神社の横に駐車し参詣
大智明大権現神社
x1819page
鎮座地:瀬戸内市邑久町豊原
由緒、御祭神共に不明
正面には『大賀島寺:瀬戸内市邑久町豊原2686』

今日はこれで帰宅、登って来た時に前方に広い道、マップで確認すると南東から廻り込む道があり、遠回りには間違いないが精神状にはこちらを選ぶことに、広い道で楽であり、集落の中程、右手斜めの道を進むと前方226号、左折して進んで行くと最初の突き当りの処へ、前方千町川を渡って右折し、231号へ、前方左折してブルーラインを通って帰宅

神社廻り-赤磐市で偶然

久しぶりに姉達の運転手、昼に一緒にランチをして何処かに出かけることに、分かっていたことだが食べ終えるまでにかなりの時間、女性達はお喋りがゆっくり出来ていいかもしれないが私にとっては苦痛?退屈?
遅くなったのでニュースで見た周匝のコスモスと案山子のイベントへ、ついでに車で直ぐ近くまで行けるので周匝の山城へ行くことに

R53号で北へ御津の北で右折して255号へ、少し迷いながらも北東へ進んで行ってR484号へ、良く通っている道だが一人の時は通り越している橘ヶ峠、今回はここのドライブイン(西の屋菊ヶ峠店)へ寄り道、のんびりと眺めていると北側に神社が
菊ヶ峠神社
x1751page
鎮座地:赤磐市仁堀東
由緒、御祭神共に不明

昔は高速は中国道だけだったので、美作インターからこの峠によって夕食を済まして帰宅していたが、最近も含めこの神社には全く気が付かなかった!-実際新しいので

神社巡り-赤磐市探訪

明日から天気は下り坂、もうすぐ梅雨入りでもあるのでワンコを置いて思い切って出かける、国土地理院の地図で見つけた神社マーク、方向としては赤磐市から和気方面へ
県道27号で赤磐市へ、赤坂ワイナリーの手前の道(浄土寺の案内表示)を左折して登って行くと『浄土寺』山門、更に進んで行くと右手に山道、少し先の広くなった路肩に車を停め
不明神社
x1634_不明神社page
鎮座地:赤磐市西軽部
由緒、御祭神共に不明
ここもやはり神社跡か?近くには割れた瓦が散乱している
ここまで来たので突き当りの『浄土寺』まで

27号迄引き返し、前方右折して橋を渡って少し進んだ十字路を右折して進み左手に見える小山にあると思われる神社を目指すことに、よく分からないので歩いて東側へ、近くにいた人に尋ねると、墓地へ登った先、お墓の間に山頂へ行く道が昔は有ったようだが今は分からないとの事、一応登って見るがやはり分からない、下まで戻って再度先ほどの人に話をするが、墓地には菅原性が多く、古い墓もありこれに関連した神社では?、その人も山頂には平地だけだったように記憶しているとの事、強引に進めば山頂に至るとは思われるが一応諦めることに
不明神社
x1635_不明神社page
鎮座地:赤磐市東軽部
由緒、御祭神共に不明

更に進んで行くと左手山腹に小さな建物、少し先にある石碑の前に来るを停めて、行ってみることに、お堂と石碑と奥の茂みに石の祠
不明祠
x1636_不明祠page
鎮座地:赤磐市東軽部
由緒、御祭神共に不明

前方の山の中にあると思われる神社への参道(単なる道?)探して坂道を登って行くが分からない、引き返し麓の集落を歩いていた人に尋ねると竹藪の間を進んだ先との事、行ってみると四八番札所の建物?国土地理院の地図では鳥居のマークだったのだが

この辺りを廻ると以前参詣した『大石箱畳神社』のしんどさを思い出す
53号へ戻り北上、小学校の先を右折してゴルフ場に沿って進んで行き、前方を右折して進み次のT字路を右折して坂道を登って行くと左手に『南佐古田公民館』、ここに車を停めて、後ろ側の山道を山頂を目指して登って行くと
金刀比羅宮
x1637_金刀比羅宮page
鎮座地:赤磐市南佐古田
由緒、御祭神共に不明

53号へ出て先へ進んで行くと佐伯峠へ、右折して258号を下って行くと『英国庭園』の側に、更に進むと石燈籠、左手奥にある神社へ
八幡和気神社:赤磐市佐古685
07081_八幡和気神社2
かなり細い道で直角に近い道、用水路と田んぼ、落ちそうで時々車を降りて確認
神社らしさに飢えていたが失敗

258号を南へ進み前方右手の『磐梨小学校』の裏山を目指す、右折して403号を進み直ぐ左折して小学校の裏側へ行こうとするが前方の橋が狭すぎる、右折して川沿いの未舗装の道を『熊山運動公園』のラインまで進み左折して、公園の東端に車を停め、整備された道を山頂を目指し登って行くと四阿がり、その上に白い塔(ふれあいの鐘)があり単なる公園かと不安になるが登って行くと無事に!
不明神社
x1638_不明神社page
鎮座地:赤磐市沢原
由緒、御祭神共に不明

403号まで戻り、西へ進み、『於奠神社』を右手に見ながら左折して進んで行くと対の石燈籠、更に進んだ左手の山中にあるようだが先の様子が分からないので少し西へ進んだ路肩へ停車後、先ほどの道を進んで行くと左手に墓地、裏側に在りそうだが道が無い、左手の古い墓地方向へ進んで行くと参道が(墓地を過ぎた先に石碑)
不明神社
x1639_不明神社page
鎮座地:赤磐市可真下
由緒、御祭神共に不明

403号へ戻る手前に『可真下龍王公園』
八大龍王
x1640_八大龍王page
鎮座地:赤磐市可真下
由緒:字大蔵原にある。雨乞いの神さまとして祀られる。もとは高い山の山頂にあったものをここへ移したという。石碑に「奉勧請八大龍王・文政四年日八月日・願主村中・名主清右衛門・五人組頭喜五郎代武介」と刻む。そばに自然石の石灯ろうがある。

258号迄引き返し、南へ前方は途中から79号、更に進むと『松本』信号で96号、左折して96号を進み前方『東円光寺』の標識の処を左折して円弧を描くように川沿いの道を進み、前方突き当りを左折し、右手太陽光パネルの所に車を停め、山側に進んで行くと右手に-以前分からなかった神社、手前の消防団の倉庫に祭り用道具があり安心して進んで行く
大仙宮
07076_大仙宮page
鎮座地:赤磐市吉原891
由緒:安永二年の頃、牛馬の病殊の外多く、附近の農民は恐々として一日も安堵出来ない有様であったので、部落民が相談して伯耆大仙大智明権現と云う、牛馬の守護神を祭って、牛馬の安全を祈願した。

南へ進んで96号へ出て和気方向へ、吉井川を渡って右折、直ぐ先の左手の道を下り和気の街の旧道を進んで行き、前方『宇高建具店』の左手を入ると正面に赤い鳥居、手前の空地へ車を停め『和気富士』への登山道を進んで行くと
最上稲荷
x1641_最上稲荷page
鎮座地:和気郡和気町和気
由緒、御祭神共に不明
少し上に札所、西にも在りそうな雰囲気、行ってみるが墓地、今日はここまで、カーナビを使用し距離優先で帰宅、非常に狭い道を通る処があり、帰って不便、知っている場所なので、普通に帰るべきだった!

神社巡り-赤磐の新規と再訪

新しく見つけた神社を探訪しつつ新しい神社を探し、これは多分難しいので前回あっさり参詣だった神社を再訪、今日はワンコ連れで、赤磐市方面へ

このところ弥生時代後期、大和朝廷が誕生する以前-邪馬台国-にひかれていたので時代は下がるが田舎にあった備前国分寺、両宮山古墳にある神社へ
八幡宮:赤磐市馬屋990
07014
伊勢神社(両宮神社):赤磐市穂崎789
07015

27号を北上し、赤磐市赤坂支所手前にある
八幡宮:赤磐市町苅田416
07034
ワンコ同伴で参詣するが、先ほどの二社が平地だったので舐めているのか、階段途中で立ち往生、仕方ないので帰りは車用裏参道で遠回りをして-神社下に駐車スペースがあることは忘れていたし、車参道は前回未確認、道幅はあるが枯葉等に埋もれており歩いた方が無難

更に進んだ先、右手の53号を進み『岡山ワイナリー』手前の道を右折して進んだ左手、他にこの道を進んで行った南側、そしてこの小山を東側から廻り、ワイナリー西側にある池の土手沿いに進んだ先に参道が有、途中の公園の処からも南側の参道へ繋がっている。また、南側の参道に並行して車参道があるが、チェーンで通行止めに
4天地神社(福井神社):赤磐市東軽部1726
07039

53号へ引き返し、53号を戻った少し先の道を右折して進んで行くと右手に-たどり着いて神社前に駐車スペースがあったのを思い出す、ここもワンコを連れて行ったが最初の階段の急峻さに立ち往生、それから先は舗装された平坦な道、帰りは階段を意外とスムースに
熊野神社:赤磐市西軽部600
07038

27号へ出て北上川を渡った左手に-前回は歩いたが今回は車で境内まで
多賀神社:赤磐市西軽部
x0134

地図を見ると直ぐ西側に神社らしきものが、ここからは行けそうにないので車で引き返し少し西方向へ、直ぐの道を左折すれば良いようだが駐車スペースが分からないので手前の道へ停めようと思うが何故か大型トラックが頻繁に、少し先の広い路肩へ『神房会館』手前
多賀八幡宮
x1491page
鎮座地:赤磐市多賀
由緒:勧請年記不詳
御祭神:応神天皇、仲哀天皇、神宮皇后

27号を更に北へ進んで行き前方右折して257号を進み
八幡宮:赤磐市惣分904
07051

更に進んで行き今日の目的神社へ、前方に神社の案内標識、徒歩20分の表示と駐車スペース、ワンコを連れてのんびりと!
ここまでは順調、Googleマップに記載のゆるぎ岩を目指すがこれが大失敗、防護柵に遮られ、小さな谷川の砂防ダムを渡るつもりが無理、引き返し、最初の防護柵を固定している結束バンドややっと外し砂防ダム横までここで再度防護柵を外し探すが墓地だけ、そもそもマップに表示されているのが大嘘、先程の民家方向へ戻り、地区の人を探そうとするがその前に砂防ダムを目指した処の少し先に案内表示あり、地図を当てに進前に案内表示を探せば問題なかった。
表示に従って進んで行くと直ぐに車通行止め、車を置いてきたことは正解だがここからが非常に遠いが案内表示が頻繁にあり不安感は全くない、途中急峻な表参道と裏参道の案内、ここで表参道を選択するがワンコが完全に立ち往生、時に抱き、なだめ進んで行くとやっと到着、Googleマップを見て行かずに案内表示を探せば全く問題が無かったのが悔やまれる。
岩神神社(ゆるぎ岩)
x1492page
鎮座地:赤磐市惣分1106
由緒、御祭神共に不明

引き返し、前方左手神社を、この神社近くに祠が
福市八幡宮:赤磐市惣分2342
07050
メイン道路の南側
孝白堂
x1493page
鎮座地:赤磐市惣分
由緒:孝白堂は足腰等の守護仏として、本尊の孝白尊を祀り本殿及び拝殿を有していた、しかし、長年風雨に曝されたため、建物の損傷が著しく、ここに孝白堂保存会を設立し、改築工事をおこない落慶した。
御祭神:孝白尊
祠らしいと思ったがどうも仏教のお堂?、民間信仰の一種か?

27号へ引き返し北上すると前方右手に
松尾神社:赤磐市坂辺557
07049
神社前に駐車スペース無し、何故か後ろから車が来て前進、先の広い処で車をかわし、引き返してかなり手前の広場へ、歩いて行っていると前方の公園、鎖が張ってあるが簡単に外せる。
先程の山道でワンコも懲りたのか車から出ようとしない、私は楽で良いのだが

前方の赤坂カントリークラブ先へ、前方小さな棚田付近へ車停め、前回と同様に参詣、棚田を登りきった先で思い出したが次は車でぐるっと回って参詣しようと思っていた。
山上高オカミ神社(龍神社):赤磐市合田404
0771

更に進みドイツの森の処は左折して進み前方左折してR484号を進んで行くと三叉路に石燈籠、右手狭い坂道が国道、進んで行くと左手に
布勢神社:赤磐市仁堀西1027
07070
引き返し最初の右手の坂道を登って行った左手、
鴨神社:赤磐市仁堀西678
07069
先程の三差路から国道を、前方標識に沿って左手坂道を前回同様に行った方が賢明

R53号経由で帰ろうと思ったが渋滞する時間帯にかかりそうなので無難に来たコースを引き返して帰宅、下市附近も混んでいなかった。
ギャラリー
  • 神社廻り-福山北西方面
  • 神社廻り-福山北西方面
  • 神社廻り-福山北西方面
  • 神社廻り-福山北西方面
  • 神社廻り-福山北西方面
  • 神社廻り-福山北西方面
  • 神社廻り-福山北西方面
  • 神社廻り-福山北西方面
  • 神社廻り-福山北西方面